サックス 演奏

サックス偉人伝:ベニー・ウォレス

テナータイタン(テナーの巨人)のひとりとして、現代のジャスシーンで活躍するベニー・ウォレス(Bennie Lee Wallace Jr.)は、1946年11月8日、テネシー州のチャタヌーガ生まれの75歳です。
地元イーストリッジ高校のスイングバンドで演奏しているのを、プロリードプレーヤーのビリー・ウッセルトンらに見出され、地元のクラブでの演奏を本格的に始めました。
テネシー大学に進学してクラリネットを学び、卒業後も引き続き地元で演奏活動をしていましたが、ジャマイカ出身のジャズピアニスト、モンティ・アレキサンダーに誘われて、1971年、25歳でジャズの本場、ニューヨークへ進出します。当初はモンティ・アレキサンダーのバンドに所属し、その後バリー・ハリス(pf)、バディ・リッチ(ds)、ダニー・リッチモンド(ds)らとの共演を実現しました。
ウォレスのテナーサウンドは、大きな影響を受けたというソニー・ロリンズとコールマン・ホーキンスらに似た、豪快でストレートなスタイルですが、孤高のピアニストセロニアス・モンクも敬愛しており、セロニアス・モンクのジャズ手法をピアノからテナーに置き換えたと言われる、豪放かつ大胆で個性的なフレーズでのブロウが彼の魅力です。

レコーディングデビューは1977年にスコット・ハミルトン(ts)、フリップ・フィリップス(ts)、レイ・ターナー(ts)らと録音した、『Tenor Sax Spectacular(1977)』です。その後1979年、ウォレスはファーストリーダーアルバム『The Fourteen Bar Blues (Enja, 1978)』をリリースし、一気に世界に名を知らしめるテナー奏者となりました。
絶大な賞賛を受けた彼は「ニューサックスジャイアント(新たなる大物サックス奏者)」と呼ばれ、音楽紙ニューヨーク・アーツ・ジャーナルでは、「エリック・ドルフィ、コールマン・ホーキンス以来の大物リードプレイヤー現る!」と大きく誉めたたえられました。
レコードレーベル、「Enja」のマティアス・ウィンケルマンとともに、その後もウォレスの荒々しい魅力が炸裂したアルバム、『Live at the Public Theater (Enja, 1978)』、『The Free Will (Enja, 1980)』、『Bennie Wallace Plays Monk (Enja, 1981)』、『The Bennie Wallace Trio & Chick Corea (Enja, 1982)』、『Big Jim’s Tango (Enja, 1983)』、『Sweeping Through the City (Enja, 1984)』と立て続けに発表します。
1985年には復活したブルーノートレーベルで、アルバム『Twilight Time (Blue Note, 1985)』をレコーディングしました。1988年にはケビン・コスナー主演でマイナーリーグの球団ダーラム・ブルズを舞台とした映画、「Bull Durham(邦題::さよならゲーム)」の音楽を手がけるなど幅広い活動をおこなっています。

ウォレスの楽器は、ヴィンテージセルマーMark VIにマウスピースはフロリダオットーリンクのSuper Tone Master。リードはアレキサンダーの「Superial」か「DC」です。やや中腰で、くねくねと揺れながら演奏する独特の演奏スタイルも有名です。

 

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』

 

返品保証30日+豪華3大特典付き
⇒『 AIZENより クリスマスキャンペーン♪ 返品保証30日+豪華3大特典付き』

 

レビューを書いてAIZENゲットのチャンス!
⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

関連記事

  1. サックス アクセサリ

    ライブステージ用グッズ

    サックスという楽器を演奏して音楽を楽しんでいる皆さんの場合、ステージ…

  2. サックス 演奏

    サックス偉人伝:ブランフォード・マルサリス

    全員が優れたジャズミュージシャンであることで有名な、ブランフォード兄弟…

  3. サックス マウスピース

    ジャズマウスピース神話

    サックス奏者にとってマウスピースはかなり重要な要素です。マウスピー…

  4. サックス 演奏

    演奏姿勢の癖

    サックスって、もの凄くカッコ良い吹き方もあれば、妙に間抜けな吹き方、…

  5. サックス 演奏

    サックスで体調悪化

    管楽器が呼吸器に悪いと言われたのは大昔。今ではそんな迷信を信じる人は…

  6. サックス 演奏

    サックス偉人伝:レスター・ヤング

    ジャズの歴史の中で、「スイングジャズの異端児」そして「モダンジャズの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

previous arrow
next arrow
Slider

最近の記事

アーカイブ

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP