サックス 演奏

  1. サックス偉人伝:ジョー・ヘンダーソン

    一部のジャズマニアやテナーサックスプレーヤーに、「ジョーヘン」の名で親しまれている伝説のテナーサックス奏者、ジョー・ヘンダーソンは1937年4月24日、テレビド…

  2. サックス偉人伝:サージ・チャロフ

    ジャズのバリトンサックスといえばジェリー・マリガン。誰でもが即答する、ジャズの歴史に残るバリトンサックスプレーヤーです。しかし、あまりに短期間でその人生を終…

  3. サックス偉人伝:キャンディ・ダルファー

    元祖ファンキーサックス姉さん、キャンディ・ダルファー(Candy Dulfer)は1969年9月19日、オランダはアムステルダム生まれのアルトサックス奏者です。…

  4. サックス偉人伝:パキート・デリベラ

    キューバ出身のサックスとクラリネットの名手、パキート・デリベラは1948年6月4日、キューバのハバナに生まれました。5歳のとき、クラッシックサックス奏者であった…

  5. サックス偉人伝:ペッパー・アダムス

    エリントン楽団のハリー・カーネイ、ベイシー楽団のチャーリー・ホークスなど、名門ビッグバンドの低音部を支えた伝説のバリトンサックス奏者たちと並び称される、サド=メ…

  6. サックス偉人伝:ジェラルド・アルブライト

    サックスばかりでなく、ベースやキーボード、シーケンサーのプログラミングにまで才能を発揮する、超天才フュージョン・サックス奏者、ジェラルド・アルブライト(Gera…

  7. サックス偉人伝:アート・ペッパー

    アート・ペッパーは、ウエストコースト・ジャズの中心的な人物として活躍したアルトサックス奏者です。そのサウンドは、あるときは墨絵のように繊細な濃淡で感情の起伏を表…

  8. サックス偉人伝:スタンリー・タレンタイン

    ブラックラッカー仕上げのテナーをトレードマークとする「漆黒のファンキーテナーマン」、スタンリー・タレンタインは、1934年4月5日アメリカ合衆国ペンシルバニア州…

  9. サックス偉人伝:エディ・ロックジョウ・デイヴィス

    「怪物系」ジャズテナー奏者の総帥、エディ・ロックジョウ・デイヴィスは1922年ニューョーク市に生まれました。スウィング、バップ、ハードバップ、ラテンジャズ、ソウ…

  10. サックス偉人伝:スコット・ハミルトン

    多分、今一番渋い正統派のジャズテナーマンであるスコット・ハミルトンは、1954年9月12日、ロード・アイランド州プロビデンス生まれの66歳です。幼い頃より父…

  11. サックス偉人伝:竹内直

    唯一無二とも言える個性的なサウンドで、自己を表現する稀有な存在のジャズテナー奏者、竹内直(たけうちなお)は1955年東京の生まれです。10歳の頃横浜に引っ越…

  12. サックス偉人伝:ジュシュア・レッドマン

    歴代のジャズサックス奏者の偉業をしっかりと受け継ぐ、まぎれもない本物のジャズサックス奏者であり、今の時代を代表するジャズプレーヤー、ジョシュア・レッドマンは19…

  13. サックス偉人伝:ガトー・バルビエリ

    レアンドロ・ホセ・“ガトー”・バルビエリ、そう、大きなつばの帽子がトレードマークのスタイリッシュなテナーマン、ガトー・バルビエリは1932年11月28日、アルゼ…

  14. サックス偉人伝:エリック・アレキサンダー

    膨大な数の音源を残す一方で、世界中で積極的なツアー活動を繰り広げ、“世界で最も多忙なジャズ・テナーサックス奏者”とも言われるエリック・アレキサンダーは、1968…

  15. サックス偉人伝:コールマン・ホーキンス

    「ジャズテナーの父」と呼ばれるサックス奏者がいます。今ではジャズといえばテナーサックスが思い浮かぶほど、テナーサックスはジャズの王道の楽器です。しかし、かつてサ…

previous arrow
next arrow
Slider

最近の記事

アーカイブ

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP