サックス 本体

サックスケース安全対策


自分の大事なサックスは、大事に、大事に扱いたいですよね。何処かにぶつけて凹ませてしまったり、傷つけてしまった時には気分は最悪。事故の程度によっては、しばらく気分的に立ち直れない場合もしばしばです。お財布に大打撃をくらう場合も少なくありません。今日は大事な楽器を事故から守る、安全対策のチョットした気遣いについてお話します。
 最近ではかなり一般的になってきた、サックスケースのストラップフックに結束バンドを通し、万が一フックが外れても、結束バンドで支えて、楽器がケースごと落下するのを防ぐ、という方法ですが、この対策にはちょっとした注意点があります。結束バンド(インシュロックとも言います)は、締め付ける耐久性は強く、かなり丈夫なバンドですが、瞬間の局所的な大きな力にはあまり強くありません。結束バンドを大きな輪にして緩く取り付けておくと、フックが外れた際に「ガツン」と力が掛かるり、「ブチッ」と切れてしまう場合がありますので注意してください。またケースの留め金が不用意に開き、フタが空いて楽器が落下するのを防ぐため、マジックテープのベルトでサックスケースを「締めておく」のも 最近では多く見かけます。楽器ケースのチャックや留め金は、往々にして「閉め忘れる」場合が考えられますので、この安全対策は効果があると思います。ま、 金具もベルトもするのも忘れたらそれまでですが(汗。ただし私の経験談ですが、ケースのチャックを閉め忘れて、ベルトだけして家まで帰ったことがあります。気が付いたときには冷や汗がドッと出てきました。ご注意ください。
ケースカバーも楽器を守るには有効です。箱型サックスケースを使用している場合は、それにケースカバーを掛ければ、不用意にフタが開くのも防げますし、雨の日のケース内部への雨水の流入もある程度防ぐことができます。最近のパック型ケースでもケースカバーが販売されているものもありますし、器用なひとは合成皮革やテント布を使って、自分でケースカバーを作ってしまう場合もあるようです。サックス吹きも、ミシン掛けが出来ると良い時代ではないでしょうか。
残り7名様 AIZENより、春のこだわりプレゼント!
スペシャル4大特典プレゼントキャンペーン開催中

詳しくはこちら

関連記事

  1. サックス 本体

    ビンテージサックスの左手小指キーの秘密

    コーンやビッシャー、キング等のビンテージサックスを吹いてみたことはあ…

  2. サックス お手入れ

    サックスに定期調整が必要な理由

      短いシャフトはほとんど問題ありませんが、長めのシャフトには必ず…

  3. サックス 本体

    テナーサックス、最大の弱点。それはネック!

    テナーサックス、アルトサックス、バリトンサックス奏者の皆さん。ま、つ…

  4. サックス 本体

    サックスの選定法

    皆さんがお持ちのサックスは、どうやって購入されましたか?購入の際…

  5. サックス 本体

    アルトサックスとテナーサックスの違い

    サックスという楽器はある意味面倒です。一般的に楽器屋さんに飾ってある…

  6. サックス お手入れ

    サックスの故障の場所

     サックスは本当に繊細な楽器です。定期的に調整しなければ、かなりそ…

previous arrow
next arrow
Slider

最近の記事

アーカイブ

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
PAGE TOP