サックス 練習・レッスン

野外演奏の小技


最近は日本各地で、地元密着型のジャズフェスティバルや音楽祭が催される事が多くなりました。そういった「フェスティバル」では、多くのアマチュアミュージシャンに門戸を開き、街のいたる所の野外ステージをその活躍の場所として提供しています。しかし、ほとんどのステージ経験が「屋内」であるアマチュアジャズプレーヤーにとって、野外での演奏は予想外の問題を起こしたりします。今日は「野外演奏の注意点」についてしゃべりましょう。
 野外での演奏の天敵はなんといっても「風」です。譜面は飛ぶわ、譜面台は倒れるわ、マイクに風切り音が入ってしまうし、ある程度の強風の場合は、ドラムスのシンバルやフルート等は演奏に支障をきたしてしまいます。ま、そんな台風の時にはイベントが中止になると考えて、「ちょっとした風」の対処を考えましょう。まずは「洗濯ばさみ」です。楽譜を使用する、野外の演奏には絶対の必需品です。この洗濯ばさみも、譜面を譜面台に止めればOK、なんて考えは甘いです。風は巻いたりバタつきますので、意外と些細な風も譜面を非情にはためかせながら、飛ばしていってしまいます。これを防ぐには譜面を重くするしか有りません。クリアファイルへセットするプレーヤーは沢山います。この場合、「本」になりますのでページのめくれさえ気にしていれば、そんな大怪我にはなりません。ただし、あまりに重いクリアファイルだと、譜面台ごと倒れてしまう場合があります。ビッグバンドのように長く繋げた譜面だと、クリアファイルに入れるわけにはいきません。ビッグバンドの野外演奏の場合は、小さな洗濯ばさみより、エモン掛けを物干し竿に止めるための大きな洗濯ばさみが最適です。ビッグバンド独特の「箱メン(折りたたみ式の箱型の譜面台)」でもかなりの自由度で譜面を挟めます。折りたたみ式の一般的な譜面台の場合は、大きな洗濯ばさみは骨組みを飛び越えてしまう場合があります。こんな場合はA3程度の大きめの厚紙を譜面を置く部分の一番下に置きましょう。譜面の固定にも便利ですし、客席からの見た目も悪くありません。
風以外の屋外演奏の敵には、このほかに「直射日光」、「騒音」、「突然の雨」等があります。夏の日差しの下には楽器を放置してはいけません。チューニングも狂いますし、楽器へのダメージも大です。突然の雨が降り出しても、慌てずに片付けられるよう用意をしておいてください。こんなときに楽器を落としたりします。事前のシミュレーションを怠らないようにしてください。
残り47名様 秋のサックスフェア 1万円相当の豪華4大特典付キャンペーン開催中
詳しくはこちら

関連記事

  1. サックス 演奏

    良い音を出そう!

    皆さんはサックスの練習をするとき、どんな事に気をつけていますか?しっ…

  2. サックス 練習・レッスン

    何故何故くん、で上達

    楽器の演奏は、少し前なら(今でも?)「習い事」の範疇でした。ピアノの…

  3. サックス 練習・レッスン

    チューナーの正しい使い方

    楽器奏者に必須な作業がチューニング。演奏をするスタジオやらステージ等…

  4. サックス 演奏

    「先生」の選び方

    このブログをお読みのサックス奏者の皆さんは、サックスをどう勉強して…

  5. サックス 演奏

    音楽だもん、楽にしなくちゃ。

    音楽の「楽」に引っ掛けた粋なタイトルのつもりなので、出来たら気付いて…

  6. サックス リード

    何故サックスは音が出る?

    さあて、サックス奏者の皆さんに質問します。サックスはどうして音が出る…

previous arrow
next arrow
Slider

最近の記事

アーカイブ

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP