サックス お手入れ

サックスの病気の判断

花粉症の季節真っ只中です。アレルギーのような慢性の疾患は、サックスにはありませんが、ケガや病気はサックスでも無縁ではありません。調子が悪いときはサックスの病院、修理工房で診てもらい、適切な処置で「治して」もらう必要があります。
しかし厄介なのは、出て来た不調がサックスのせいなのか、奏者である自分のせいなのかに迷うところです。こんな時は即病院(修理工房か楽器屋さん)、という症状を解説します。

なんか音がこもる、抜けが悪い感じがする、そんなときはサックスの管体のどこかから、息が漏れている場合が考えられます。完全な状態のサックスは、しっかりと内部の空気柱の振動を受け止め、管体全体が振動して響きます。
音のこもりや抜けの悪さの原因を、自分の喉のコントロールや、リードの良し悪しと考える奏者がいますが、それらが原因であれば、吹き方を少し変えたり、リードを交換すれば治ります。そうでない場合は楽器の状態を疑いましょう。
しばらく吹いていると、抜けや響きが戻る場合が少なくないので、このような症状で病院行きを躊躇するのが「サックスあるある」ですが、簡単な修理で抜けや響きが戻った、も同じく「サックスあるある」です。サックスが原因か、自分が原因かはリペアマンが教えてくれますので、こんな場合は迷わず病院に行きましょう。

「音がひっくり返る」場合も、自分が悪いのかサックスが悪いのかを悩むケースです。確かにリードとマウスピース、そして自分の奏法が上手くマッチングしないと、「ピキッ、ピキッ」といういわゆるリードミスが多発し、ひっくり返った音が出ます。このあたりの見極めは、その現象の法則性で判断します。
「Gから上が時々ひっくり返る」、「特定の音の間の跳躍で裏返る」場合はほぼサックスの故障、あまり規則性の無い「ピキッ」であれば、リードのミスマッチが多いでしょう。柔らかいリードに替えてみて現象が収まらなければ、どこかのトーンホールから息が漏れていることが考えられるので、そのサックスは病院に行ったほうが良いでしょう。

ピッチが悪いのも、サックスの病気の場合が少なくありません。自分のアンブシャのコントロール能力不足を、演奏のピッチの悪さの原因と考える奏者が多いようですが、奏者自身が気付くほどのピッチの悪さは、明らかにサックスが原因です。チューナーを見ながら各音を吹いてみて、ズレが明らかなようでしたら、即病院行きです。

人間の病気は、寝不足や過労などの不摂生から体調を壊したり、無症状でも健康診断や人間ドックで発見されることもあります。サックスは不摂生しなくても、体調が悪くなるほど繊細です。そして病状は意外と複雑に現れます。
定期的なリペアマンによる調整が不可欠なのは、このようなサックスの繊細さからです。人間の病気と同じように、定期的な健康診断で、サックスの病気も未然に防ぐのが一番だと思います。

 

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』

 

返品保証30日+豪華3大特典付き
⇒『 AIZENより 新生活応援キャンペーン 返品保証30日+豪華3大特典付き』

 

レビューを書いてAIZENゲットのチャンス!
⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

関連記事

  1. サックス アクセサリ

    悪い道具の見分け方

    他の楽器にも言える事ですが、サックスを吹くという事は、その道を究める…

  2. サックス アクセサリ

    キャップのチェック

    サックスプレーヤーの皆さん、サックスのサウンドや吹奏感は、口に近い部…

  3. サックス お手入れ

    唾との付き合い方

      トランペットやトロンボーン奏者は、練習スタジオや本番のステージ…

  4. サックス お手入れ

    サックス吹きの、リペアマンとのお付き合い法

    サックスは管楽器の中ではフルートと双璧を成す、「デリケート」な楽器です…

  5. サックス お手入れ

    サックスの調整・修理あれこれ

    サックス奏者の中には、サックス好きが高じて、サックスの調整や修理、改…

  6. サックス お手入れ

    リラッカーとリプレート

    最近のサックス奏者の間では、ネックの材質や表面処理の方法の違いが、サ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

previous arrow
next arrow
Slider

最近の記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP