サックス 演奏

サックス偉人伝:スコット・ハミルトン

多分、今一番渋い正統派のジャズテナーマンであるスコット・ハミルトンは、1954年9月12日、ロード・アイランド州プロビデンス生まれの66歳です。
幼い頃より父親のレコードコレクションを通してジャズに親しみ、5歳でドラム、6歳でピアノ、8歳でクラリネット、そして16歳のとき、デュークエリントン楽団の伝説のリードアルト、ジョニー・ホッジスに憧れてサックスを始めました。
1976年8月、22歳のときにニューヨークに移り、ミュージシャンとしての活動を本格化させました。当時のニューヨークでは、伝統的スタイルのジャズが終わりを告げ、新しいジャズシーンへと変貌しつつある時期でしたが、スコットは幸いにも、ロイ・エルドリッジ(Tp)、アニタ・オデイ(Vo)、イリノイ・ジャケー(Ts)、ヴィック・ディッケンソン(Tb)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(Ds)、ベニー・グッドマン(Cl)等、多くの伝説のミュージシャン達と演奏する機会に恵まれ、伝統的なジャズのエッセンスを学ぶことが出来ました。
そしてフュージョンやジャズロック全盛期のジャズシーンにおいて、レスター・ヤングやベン・ウェブスターの流れをくむオーソドックスなスタイルが新鮮な響きととらえられ、一躍ジャズテナーサックス界の寵児となりました。
1980年代には、日本、スウェーデン、イギリス、パリと世界を股に掛けるツアーを敢行し、1990年代には居をロンドンに移し、現在ではイタリアを拠点に世界を渡り歩いています。

イギリスの著名な作家であり教育者、またジャズサックス奏者でもあるデイヴ・ジェリーは、「スコツト・ハミルトンのソロは、まるですばらしい会話そのものです。最初に彼のテナーの独特な声、サウンドに引き付けられ、そして縦横無尽な旋律の展開に翻弄され、最後には雄弁なジャズ言語によって納得させられるんです。」とスコットを評しています。
分かり易く言えば、「スコットは誰をもが聴きたいジャズを演奏してくれる」ということでしょうか。正統派なのに新しく、奔放なのに績密、豪快なのに柔らかい、そんなジャズテナーのプレーヤーです。

スコットはバラードの名手です。ベン・ウェブスターばりの深い響きをたたえたサウンドと、歌心に溢れた流れるようなフレーズで、聴き手をいっきに古き良き「あの時代」へと引き戻します。また速いテンポの曲では、ズート・シムズやアル・コーンの様に軽快で躍動感のあるフレーズで、聴衆を心からスイングさせてくれるのです。
スコットの楽器は1954年製のセルマーSuper Balanced Actionのテナーです。この年にはもうMark VIが発売されていますので、「最後のSBA」のひとつでしょう。伝説のジャズミュージシャン達との演奏で多くを学び、新しい伝統を作り出したスコット・ハミルトンが使う楽器として、まさにドンピシャな楽器なのではないでしょうか。

 

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』

 

返品保証30日+豪華3大特典付き
⇒『 AIZENより 月見キャンペーン 返品保証30日+豪華3大特典付き』

 

レビューを書いてAIZENゲットのチャンス!
⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

関連記事

  1. サックス マウスピース

    ジャズっぽい音を出したい

    サックスの活躍場所は、ジャズ、クラッシック、ポピュラーと多岐に渡りま…

  2. サックス 演奏

    サックス吹きの紳士的作法

    管楽器奏者の一般的な性格傾向を分析すると、「トランペット奏者:とにか…

  3. サックス 演奏

    サックス偉人伝:エリック・ドルフイー

    ミュージシャンの命は「個性」と言われますが、この人ほどその言葉を実感…

  4. サックス 演奏

    リズムの取り方

    曲を始めるときは、リーダーなりコンサートマスター、もしくはドラマーの…

  5. サックス 演奏

    リードアルトとは

    ビッグバンドの管楽器パートには、各々数字が付いています。トランペッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

previous arrow
next arrow
Slider

最近の記事

アーカイブ

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP