Home » Archive

3月 2016

Written By: sax on 3月 29, 2016 No Comment


ジャズサックス奏者の皆さんの中には、「ジャズはアドリブソロを演奏してこそジャズなんだ。予め練習した書きソロなんてジャズじゃないね。」、と思っている人が多いようです。確かにジャズという音楽ジャンルでは、アドリブという「即興演奏」は大事な要素かもしれません。またプロのジャズ演奏家のほとんどが「即興でソロを演奏している」のは事実です。そういう意味では、予め準備し、練習を重ねて演奏に臨む「書きソロ」は邪道なのかもしれません。しかしアマチュアのジャズサックス奏者にとって。「書きソロ」は演奏の音楽性を向上させる大事な練習法です。今日はこの、「書きソロ」の効果についてお話しします。
 ジャズの演奏でソロをとるためにはいくつかのアプローチが有ります。それらのうちの基本中の基本は「メロディフェイク」でしょう。その曲のメロディラインの旋律を自分なりに加工して、自分の旋律として演奏します。次のアプローチは「コード進行をなぞる」です。曲のコード進行に沿った音を選択し、本来のメロディの流れの替わりに自分の音を埋めていきます。この方法でソロを演奏するために、ジャズサックス奏者はコードスケールの練習や、コードトーンのアルペジオパターン、帰着コード進行であるツー・ファイブ・ワンのフレーズを練習したりします。残る最後のソロのアプローチは、「何も考えずに、気持ちのままに楽器を演奏して音を出す」ですが、この場合はそれが聴衆に受け入れられるか否かが問題なので、特に語る事はありません。どうでしょう?こんな難しい事を、いくら「ジャズは」といっても即興で、瞬時に、何の準備も無しに、自分のソロとして簡単に演奏できるのでしょうか?もちろんプロのジャズミュージシャンはするでしょう。かといって我々、アマチュアジャズプレーヤーが、それを出来なければいけないという事にはならないはずです。

 同じジャズでもビッグバンドのソロプレーヤーは「書きソロ」はあたりまえです。ビッグバンド曲の一部の「彩り」としてのソロスペースは、その全体のアレンジや曲想に沿った、確実な「仕事」が求められます。多くのビッグバンドのソロイスト達は、その役割をじっくりと考え、自分の出来得る最高の仕事として「書きソロ」を準備します。譜面によっては、オリジナル演奏のソロを採譜した「ソロ譜」が記載されている場合もあります。コンボジャズでもこの考えを取り入れない理由はないと思います。書きソロの準備は、その曲の旋律の理解、またコード進行の理解につながります。何度でも悩んで最高と思えるメロディを組み立てる事が出来ます。そしてそれを体が覚えるほどに練習すれば、水当の即興演奏のときでも、自然と指が勣いてくれるでしょう。ワンコーラス分の書きソロではなく、ある一部分の書きソロでも良いかもしれません。書きソロによるソロフレーズの貯金は、溜まれば溜めるほど、プレーヤーの底力として蓄積されていきます。そしてそのプレーヤーを支える力になっていきます。素晴らしいアドリブソロヘの道は書きソロから始まると言っても良いと思います。

——————————————————————————————–

『今週の新着情報』
サックスの組み立て、パーツともに精度は極めて高く、円熟味のあるビンテージサウンドが出ます。
⇒ヤナギサワ(YANAGISAWA) T-WO20 テナーサックス[x]
マウスピースを知り抜いた男の究極のマウスピース!TheoWanneハンドメイド・マウスピース
⇒TheoWanne セオ・ワニ アルト メタルマウスピース DURUGA2(ダーガ2)

薄く織られた「Klassik」はリードとの設置面が広く、リードの振動を効率的にマウスピースに伝えることができます。
⇒Vandoren バンドレン Klassik クラシック リガチャー アルトサックス用

内部にはそれぞれネックやアクセサリ収納があり、外にも大きなポケットがあるので収納力抜群です。
⇒bags バッグス Wケース ソプラノ・アルトサックス用

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』

返品保証365日+ポイント3倍+豪華3大特典付き
⇒『AIZENより春のスマイルキャンペーン!』

レビューを書いてAIZENゲットのチャンス!⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

Written By: sax on 3月 22, 2016 No Comment


サックス奏者にとって永遠の悩み事であり、日常の重要問題である「リードの品質」に関しては、色々な事をお話ししてきました。リードの厚みとディップオープニングの関係、リードの調整のし方、鳴るリードの見分け方等は過去にお話ししたと思います。しかしリードに関して、唯一お話しするのを忘れていた事が有るのに気が付きました。「選別で漏れたリードはどうするか」です。もし記憶違いで、既にお話ししていたらご勘弁ください。今日は「選別に漏れたダメリードの始末のし方」です。
 鳴らないリードに手を加え、鳴るようにする技術についてはお話したと思いますし、今では一般的なノウハウとして巷で語られているようです。しかしそれでも駄目だったリードはどうすれば良いのでしょうか?なにせ1枚300円近い高価なリードですので、「鳴らない」といって捨ててしまうのはもったいない気がします。マウスピースを仕舞うときの先端のガードとして使うのも一案です。コルクグリスを塗る「ヘラ」にするのも良いでしょう。 しかしリードは鳴ってなんぼです。やはりサックスを鳴らすために使ってやりたいものです。そう、選定して「ダメ」なリードでも、捨てずにとっておきましょう。1年でも2年でも、「鳴らないリード箱」を作って保存してください。ひょっとしたらそれらが10年後に「鳴るリード」になっているかもしれないのです。

「じっくり長時間乾燥する事で腰が変わる」とか「繊維質の反発力が経年変化で改善される」などと言えば、なにか科学的で信じられそうな理屈の感じがしますが、あまりあてにはならないようです。しかし、「10年保存しておいたダメリードが鳴るようになった」とか、「デッドストックの大昔のリードを発掘した。ヴィンテージリードは良い音がする」、なんていうコメントが「事実」であることは確かだと思います。私も押し入れの奥に仕舞い込んでおいた10年前のダメリードを発見し、使ってみたら鳴るわ鳴るわ、という経験が有ります。10年という月日がリードを変えたのでしょうか?たぶん違うと思います。自分が変わったのです。自分の奏法が10年の間に変わったのです。1年前のダメリードでも、ひょっとしたら今の自分の奏法に合うようになっているかもしれません。ダメリードとはリードと言う製品として不良という訳でなく、購入した今のあなたにとって、「鳴り方が気に入らない」というだけなのではないでしょうか?1年後、5年後、10年後のあなたの奏法には合うリードかもしれません。サックス奏者の奏法も体格も、求める鳴りも変化します。そのときのリードの性質を単純に決めつけるのではなく、長い目で見てみませんか。将来の自分には「鳴るリード」になるかもしれません。あ、「物理的にどうしようもなくダメなリード」も多少は存在するようです。さすがにこの類は取って置いても良い事は無いでしょう。

——————————————————————————————–

『今週の新着情報』
マウスピースを知り抜いた男の究極のマウスピース!TheoWanneハンドメイド・マウスピース
⇒TheoWanne セオ・ワニ アルト メタルマウスピース DURUGA2(ダーガ2)

薄く織られた「Klassik」はリードとの設置面が広く、リードの振動を効率的にマウスピースに伝えることができます。
⇒Vandoren バンドレン Klassik クラシック リガチャー アルトサックス用

内部にはそれぞれネックやアクセサリ収納があり、外にも大きなポケットがあるので収納力抜群です。
⇒bags バッグス Wケース ソプラノ・アルトサックス用

D’Addarioが得意とする、人の手が全く入らない完全削り出しで、高精度な生産技術により、ばらつきが少ない品質を実現しています。
⇒D’Addario WOODWINDS ダダリオ (RICO/リコ)アルトラバーマウスピース JAZZ SERECT

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』
レビューを書いてAIZENゲットのチャンス! ⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

Written By: sax on 3月 15, 2016 No Comment


マウスピースはサックス奏者にとって必要不可欠な重要アイテムです。皆さんは、どんなマウスピースをお使いでしょうか。マウスピースの種類や素材は違っても、似通った素材で似通った形状のあるパーツが、ほとんどのマウスピースには付けられています。はい、ティースガードです。ハードラバー系のマウスピースやハンドメイドのメタル系マウスピースには、製品の状態では付いていませんが、ほとんどの奏者がパッチ状のティースガードを上前歯のあたる部分に付けて演奏しています。メタルマウスピースでは樹脂やプラスチックのプレートが、その位置に埋め込まれている物が多いようです。サックスは通常の奏法では、上顎の前歯をマウスピースに直接接触させます。そのため、マウスピースの振動がダイレクトに前歯から頭がい骨に伝達されます。この振動はかなりの大きさなので、奏者やマウスピースメーカーは、なんとかして前歯に伝わる振動を抑制しようと、ティースガードを使用します。ティースガードと聞くと、歯を守っているかのようですが、振動の伝達をブロックまたは抑制するのがその役割です。「振動ガード」あたりが正しい表現かもしれません。

 ハードラバー系のマウスピースを使用しているサックス奏者の中には、ティースガードを使っていない方も少なくありません。その場合はマウスピースの上部に歯型が付いて、前歯二本の溝が掘れてしまっていることがほとんどです。ティースガードはマウスピースの振動から奏者を守るだけでなく、マウスピースそのものを歯型から守る役割もあります。「ティースの傷からマウスピースをガードする」から、「ティースガード」なのかもしれません。歯型の付いたハードラバーマウスピースは、腕の良いマウスピース職人さんにお願いすれば修復も可能です。メタルマウスピースの埋め込み型ティースガードも、取り外して交換することも可能です。いずれもサックスのリペアとは別物の技術なので、マウスピース修復の腕のあるリペアマンに依頼する必要が有ります。
 パッチ型の「貼り付ける」ティースガードも様々です。違和感を最小にする「超薄型」、前歯の滑りを軽減する「滑り止め型」、振動吸収性を高めた「クッション型」等、多くのメーカーやサプライヤーから多種多様なものが発売されています。自分の感覚や好みに合わせて、サックス奏者はそれらのなかから自分のニーズに合ったものを探して使っています。2枚重ねて使うとか、別のメーカーのものを合わせて使うとか、樹脂シートを切り出して自分で作るとか、とかく「カスタマイズ」されることも少なくないようです。マウスピースの歯の当たる部分の傷が深かったり、ティースガードパッチがすぐに破れるほど前歯が強くマウスピースを擦っている状態は、そのアンブシャが安定していないことを示しています。不安定なアンブシャは不安定な音の原因となります。要アンブシャ改善、ですね。

——————————————————————————————–

『今週の新着情報』
蓋側の型と内蔵のウレタン素材、更に楽器を固定するマジックテープ式のストラップで楽器を固定。
⇒Vivace ヴィヴァーチェ ファイバーケース アルトサックス用

薄く織られた「Klassik」はリードとの設置面が広く、リードの振動を効率的にマウスピースに伝えることができます。
⇒Vandoren バンドレン Klassik クラシック リガチャー アルトサックス用

内部にはそれぞれネックやアクセサリ収納があり、外にも大きなポケットがあるので収納力抜群です。
⇒bags バッグス Wケース ソプラノ・アルトサックス用

D’Addarioが得意とする、人の手が全く入らない完全削り出しで、高精度な生産技術により、ばらつきが少ない品質を実現しています。
⇒D’Addario WOODWINDS ダダリオ (RICO/リコ)アルトラバーマウスピース JAZZ SERECT

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』
レビューを書いてAIZENゲットのチャンス! ⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

Written By: sax on 3月 8, 2016 No Comment


サックスケースはサックスを安全に収納し、また運ぶためのものです。運ぶためのものですから、必ず持ちやすいように「取っ手」が付いています。この取っ手は、グリップとかハンドルとかと呼ばれたりもしますが、楽器を持って移動する際は頼りにもなると同時に、悩みの種になる場合もあります。今日はサックスケースの「取っ手」の話しをしましょう。
 悩みの種になる「取っ手」とはどんなものでしょう。楽器の入ったケースは意外と重いモノです。バリトンサックスをケースに居れたら、「えっ?」というくらい重くなります。そんな重いモノを手に提げるのですから取っ手の役割は重要です。手に食い込んで、長い時間持っていられない取っ手の形状が有ります。嫌ですね。取っ手の着いている位置が悪く、楽器ケースがバランス良く持てないのも最悪の取っ手です。空のケースの時は持ち易くても、楽器を入れると重心が変わり、取っ手の位置が適切でなくなるケースがあるようです。ケース単独で購入する場合は、サックスを入れた時の重心も確認したほうが良いでしょう。重いケースなのに、取っ手の付け根が貧弱なものも困ります。取っ手の固定ビスが抜けたり、取っ手自身が折れたり切れたりする事故が稀にあります。安心できる取っ手を選びましょう。

 質の良い取っ手は、重いサックスケースでも軽く感じさせてくれます。重さを手のひら全体に分散してくれ、長時間持っていられます。クッション性が高いモノも快適です。最近はグリップカバー等の名称で、楽器ケースの取っ手にかぶせるクッション材も売っています。「手に取っ手の跡が付く」なんて困っている方にはお勧めです。
 パックケースやソフトケースには、ひも状の取っ手が付いている場合が多いようです。このような取っ手は「ヒモの太さ」で持ち易さが変わります。厚手の布や革を細く切って、取っ手にらせん状に巻き付けて接着剤などで固定すると、取っ手のひもを太くすることが出来ます。かなり快適になる場合があるのでお試しください。
 年季の入った楽器ケースは、取っ手が壊れることが少なくありません。多くの人が泣く泣くケースを買い替えるようですが、修理を試みるのも手だと思います。カバン修理、スーツケース修理等を請け負う業者であれば、楽器ケースの取っ手を治すのは造作もない事です。取っ手の壊れたヴィンテージのサックスハードケースにケースカバーを特注し、カバーの取っ手で持ち歩くという「大技」を使うサックス奏者を知っています。そのハードケースが「とっても気に入っているから」、とのことです。

——————————————————————————————–

『今週の新着情報』
薄く織られた「Klassik」はリードとの設置面が広く、リードの振動を効率的にマウスピースに伝えることができます。
⇒Vandoren バンドレン Klassik クラシック リガチャー アルトサックス用

内部にはそれぞれネックやアクセサリ収納があり、外にも大きなポケットがあるので収納力抜群です。
⇒bags バッグス Wケース ソプラノ・アルトサックス用

D’Addarioが得意とする、人の手が全く入らない完全削り出しで、高精度な生産技術により、ばらつきが少ない品質を実現しています。
⇒D’Addario WOODWINDS ダダリオ (RICO/リコ)アルトラバーマウスピース JAZZ SERECT
内部にマウスピースやデタッチャブルネックが収納できる設計で、外側にも大きなポケットが2つ付いています。
⇒WoodStone ウッドストーン マルチケース ソプラノサックス用

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』
レビューを書いてAIZENゲットのチャンス! ⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

Written By: sax on 3月 1, 2016 No Comment


サックス奏者に限らず、管楽器奏者全般に馴染みの深い生活グッズがあります。それは「タオル」です。柔らかくて、水分を吸い取り、汚れも拭き取れるタオルは管楽器奏者の頼りになる道具です。さてさて、この「タオル」の万能ぶりを紹介しましょう。
 最近では色々なサックス小物が出回っており、ネックポーチやマウスピースバッグ、クリーニングクロス等の専用のものがあるので、タオルの効果がいまいち理解されていないかもしれませんが、ハンドタオルからバスタオルまで色々な大きさがあり、適度に柔らかく、水分を吸収しやすく、そして安価でどこにでもあるタオルは、実は管楽器のお手入れには万能選手的な存在なのです。ハンカチの大きさのハンドタオルは、マウスピースを包んでおくのに最適です。くるくるっとマウスピースを巻いて、輪ゴムや髪をまとめるゴム紐で留めれば、多少のショックでもマウスピースにダメージを与えない、立派なマウスピースポーチです。マウスピースの汚れや水分を拭くことも出来るので、専用ポーチより便利かもしれません。

 首から提げられる普通の長いタオルも万能です。アルトでもテナーでも、バリトンでも、ネックを包めば、完璧なネックポーチです。包み方を上手く考えれば、そのまま本体のベル内に収納することも出来ます。またケースの隙間を埋めるのにも、このサイズのタオルは便利です。楽器がガタつく個所にタオルを詰めれば、移動の際の楽器のダメージを軽減できます。またケースの隙間に何かを収納したいとき、タオルで包めば楽器やケースを傷付けるのが防げます。バスタオルであればサックス全体を包むことが出来ます。ソフトケースでサックスを持ち歩く場合は、タオルで包んでからケースに収納すればクッション性は倍増します。またハードケースでもガタつきを防ぐことが出来ます。乾いたタオルは適度に水分を吸収しますので、サックスケース内のコンディションも良くなります。
 サックスの手入れに使うタオルは、新しいモノである必要はありません。使い古してボロボロになったタオルの方が、柔らかさが増していてちょうど良いでしょう。タオルなら汚れても洗えます。濡れても乾かせます。大きさがちょうど良くない場合は、切ってしまえばOKです。少しオシャレにしたければ、縫い合わせて袋にするのも良いでしょう。
 タオルをサックスの手入れ等に使う時の注意が一つだけあります。タオルの繊維がサックスの内部やトーンホールに付かないよう気を付けてください。この「繊維」ってやつは、サックスではパッドの密閉不良などのトラブルの種となります。そういう意味でも、繊維が「出きった」古いタオルの方が良いでしょう。

——————————————————————————————–

『今週の新着情報』
内部にはそれぞれネックやアクセサリ収納があり、外にも大きなポケットがあるので収納力抜群です。
⇒bags バッグス Wケース ソプラノ・アルトサックス用

D’Addarioが得意とする、人の手が全く入らない完全削り出しで、高精度な生産技術により、ばらつきが少ない品質を実現しています。
⇒D’Addario WOODWINDS ダダリオ (RICO/リコ)アルトラバーマウスピース JAZZ SERECT
内部にマウスピースやデタッチャブルネックが収納できる設計で、外側にも大きなポケットが2つ付いています。
⇒WoodStone ウッドストーン マルチケース ソプラノサックス用
伝統と品質を世界に誇るヤナギサワは、ヤナギサワの求めるサウンドを追求し続けています。
⇒ヤナギサワ(YANAGISAWA) T-WO10 テナーサックス[x]

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』
レビューを書いてAIZENゲットのチャンス! ⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

  Copyright ©2009 サックスお悩み相談室, All rights reserved.| Powered by WordPress| Simple Indy theme by India Fascinates