サックス お手入れ

サックスの熱中症

ほとんどの地域で梅雨も明け、そろそろ夏本番へ突入というところでしょうか。テレビでは毎日のように、「熱中症にお気を付けください!」という言葉を耳にします。過去に何度もお話ししていますが、今年もサックスの熱中症についてお話しします。

サックスの保存は、高温多湿を避け、ある程度空気の循環する場所に、ケースに入れて保管するのが原則です。しかし人間が熱中症になるような夏の盛り、サックスにとってそんな快適な場所ばかりではないのも現実です。サックスを背負って酷暑の街を歩いたり、車のトランクに入れての移動もあるでしょう。炎天下の野外での演奏機会も少なくありません。
そんななか、サックスの機能維持に関して最も怖いのは、「管体が熱せられることによる、形状の変化」です。直感し難い数値ですが、「20℃の真鍮は、温度が1℃上がるごとに、もとの長さの0.0000175ずつ伸びる」というのが学術的定義です。夏の炎天下の公園の滑り台は、60℃前後にまで熱せられるそうです。
さすがに触れなくなるほどサックスを放置することはないでしょうが、屋外や車のトランク内では、サックスの温度はかなり高くなるでしょう。そしてそのサックスを冷房の効いたスタジオに運び込めば、急激にサックスの温度も下がります。
このように素材金属の加熱/冷却の繰り返しは、確実に管体の変形の原因となります。サックスは金属のパイプですが、トーンホールが沢山開けられており、長手方向の金属密度が場所によって異なり、熱変形の影響を大きく受ける部分と、あまり受けない部分とが出てきます。
この理屈で、サックスの2番管は加熱/冷却を繰り返すことで徐々に曲がって来ます。この歪みが酷くなれば、パッドの密着性が損なわれたり、トーンホールの音響的位置が狂い、音が出難くなったりします。修理や調整がとても難しい故障になりますので、サックスの温度変化には、気を使い過ぎるほど注意しても良いと思います。

サックスの熱中症では、「ピッチ音痴」という症状も現れます。管楽器の発する音は気柱の振動によるもので、楽器の長さによって波長が決まります。しかし楽器中の空気の温度が上がると音速が速くなり、振動数が上がります。つまり音が高くなってしまいます。
楽器が冷えているとき、楽器を吹くにしたがって暖かい呼気によって楽器の中の気温が上がり、音はだんだん高くなります。チューニング前のウォームアップが必要なのは、これが理由です。
しかし真夏の戸外で管楽器を吹くと、室内とは比べ物にならない程、楽器内の空気の温度が上がります。従って夏の野外での音程の取り方は、とても難しいものになります。気温やステージの床の温度によっては、マウスピースを抜き切れないほどピッチが上がる場合もありますので、この問題に対処するのはかなり大変です。
この症状に勝てるのは、アンブシャのコントロールによって、ピッチを大きく変化させられる技術と、柔軟な耳の持ち主だけです。練習、がんばりましょう。

 

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』

 

返品保証30日+豪華3大特典付き
⇒『 AIZENより 夏得キャンペーン♪ 返品保証30日+豪華3大特典付き』

 

レビューを書いてAIZENゲットのチャンス!
⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

関連記事

  1. サックス お手入れ

    あれ?そこは掃除してます?

    「お風呂に入ったら、耳の裏側もしっかり洗いなさい。」てのは、お母さん…

  2. サックス お手入れ

    ベル上部の掃除法

    サックスを所有しており、小まめに掃除をしている方でも、意外と見落とし…

  3. サックス お手入れ

    サックスの故障の場所

     サックスは本当に繊細な楽器です。定期的に調整しなければ、かなりそ…

  4. サックス お手入れ

    サックス奏者のもったいない精神

    サックスはリードが決して安価でない消耗品であることや、高音部パッドの…

  5. サックス お手入れ

    マウスピースの材料学

    サックス奏者の皆さんが、「いつも咥えているマウスピース」について、そ…

  6. サックス お手入れ

    愛器を撫でてみよう!

    サックスという楽器は真鍮等の金属で出来た、沢山の優雅な曲線で成り立っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

previous arrow
next arrow
Slider

最近の記事

アーカイブ

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP