サックス 演奏

サックス偉人伝:阿部薫

チャーリー・パーカーやジョン・コルトレーンなど、歴史上のジャズレジェンドは、死後も多くの未発表音源が発表され、その度に話題となります。しかし10年ほどの活動の中で、生前に出したアルバムは2枚だけだったにも関わらず、亡くなった後に次々とライヴ録音が発表され、なんと約50枚ものアルバムがリリースされているという、伝説のサックス奏者がいます。
フリージャズ、前衛ジャズの世界で今も語り継がれる稀代のサックス奏者、阿部薫は1949年5月3日、神奈川県川崎市に生まれました。アルトサックスを主体に、ソプラニーノ、バスクラリネット、ハーモニカやピアノ等もライブで演奏に使用しました。特にアルトサックスの演奏において、既存の音楽語法に捕らわれない、彼独特のコントロールによるサックスサウンドと、それを使った情熱的なパフォーマンスは、1970年代の多くの音楽ファンを魅了しました。
現代ではノイズミュージックの範疇に入るプレイスタイルと言えるかもしれませんが、そのサウンドはマルセル・ミュールとの類似が指摘されるなど、美しさを根底に宿す魂の叫びと言われました。

川崎市立橘高等学校を中退し、1968年、川崎のジャズスポット、「オレオ」にてプロデビューした阿部薫は、アルト・サックス奏者として形式をもたない自由即興演奏に取り組み、都内のライヴ会場を拠点に全国各地で演奏活動をおこないました。
70年代前半は、フラジオ域のハイノートを多用した、スピード感あふれる攻撃的なパッセージと、洪水のように連続して繰り出される、低音のうねりを得意としていましたが、74年冬から一年弱、一時的に表舞台から姿を消した後、75年末あたりからは、沈黙と間(ま)の比重が増した音空間の実現へと向かうようになりました。フリージャズ演奏の表現手法の一つである、既存の楽曲の短いフレーズを即興演奏のなかで繰り返す手法を多用し、そのバリエーションは歌謡曲や童謡、フォークソング、ミュージカル曲、映画音楽、ジャズスタンダードと多岐に渡りました。
1978年9月9日、睡眠薬ブロバリンを過剰服用したことによる急性胃穿孔で、29歳で早逝するまでの10年間、阿部薫は日本の音楽シーンを疾走しました。後年の多くのミュージシャンにも影響を与えており、今年3月に公開されたドキュメンタリー映画、『阿部薫がいた documentary of Kaoru Abe』では、大谷能生、大友良英、纐纈雅代、竹田賢一、吉田隆一ら、さまざまな世代のミュージシャンによる「阿部薫・讃」が紹介されています。

阿部薫のアルトサックスのマウスピースはセルマーのジャズメタルです。メタル特有の鋭くかつ澄んだ音色で、感情を込めた不思議な阿部薫サウンドを放出しています。
フリージャズは必ずしも馴染み易いものではありませんが、サックス吹きであれば、彼の出すサックスサウンドには、きっと心惹かれるところがあると思います。

 

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』

 

返品保証30日+豪華3大特典付き
⇒『 AIZENより 夏得キャンペーン♪ 返品保証30日+豪華3大特典付き』

 

レビューを書いてAIZENゲットのチャンス!
⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

関連記事

  1. サックス 演奏

    人間のネックの問題

    サックスのネックの重要性は皆さんご存知だと思います。ネックの微妙な角…

  2. サックス 本体

    サックス入門定番ストーリー

    サックスは、「音楽を始める」のに非常に人気のある楽器ですが、最近は4…

  3. サックス 演奏

    リードアルトとは

    ビッグバンドの管楽器パートには、各々数字が付いています。トランペッ…

  4. サックス 演奏

    親指の痛み

    サックス奏者から受ける相談の中に、「サックスを長時間吹いていると、右…

  5. サックス マウスピース

    ジャズっぽい音を出したい

    サックスの活躍場所は、ジャズ、クラッシック、ポピュラーと多岐に渡りま…

  6. サックス 演奏

    カラオケボックスでの練習

    楽器の構造上、弱音器の効果が少ないサックスの練習には、大きな音を出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

previous arrow
next arrow
Slider

最近の記事

アーカイブ

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP