サックス 練習・レッスン

ピッチの直し方

*「ピッチが合っていない」とか、「この楽器はピッチが悪い」とか、楽器奏者はなにかと「ピッチ」という単語を多用します。英語のPitchは、ピッチャーという言葉に使っている「投げる」という意味のような、「設定する」とか「調整する」とかの動詞的意味、また「間隔」や「角度」、「周波数」などの名詞的意味を持っています。楽器演奏における「ピッチが合っていない」とは、「何かに対して音の周波数が同じでない」 という意味で周波数について話しており、「この楽器はピッチが悪い」は、音の高さ視点で各音の「音程」が悪い、つまりドとレ、レとミの音の高低差がスケールに対して外れているという事でしょう。何にせよ、我々楽器奏者はなにかと「ピッチ」で色々と文句を言われます。色々なケースでの、ピッチの直し方を考えましょう。
合奏中に他のメンバーから「ピッチ、合ってないよ」とか「ピッチ、やばいよ」と言われたら、あなたが演奏している音が、あるべき高さより低いか高いかの、「音痴」状態になっています。サックスは基本、 細かい音程のコントロールはアンブシャでおこないますので、「自分がピッチの狂いに気づいていれば、 狂ったピッチの音は出さない」はずです。アルトサックス対アルトサックスのように、同じ楽器のピッチ比較はそう難しくありません。しかしテナーとアルト、ピアノとアルト、トランペットとアルト、などの異なる楽器のサウンドのピッチ比較は、決して簡単ではありません。これらの克服のための練習は、合奏の場数 (経験)と個人練習しかありません。チューナーの音と合わせて発音練習したり、自分の音を測定したり、ピアノとの音合わせ等の練習です。複数の楽器でピッチがぴったり合ったときの音のサウンドと、合っていないときのサウンドの違いが、感覚的に分かるようになれば充分です。音感の良い人は、違いの差分の量まで感じられるようですが、それは後々への課題で良いと思います。

 楽器のピッチが悪いのは重症です。…と、皆さん思っているようですが、実はそうでもありません。そもそもサックスは構造上ピッチ音痴です。ピアノやギターのように、押さえたらその音が出る、というものでもありませんし、トランペットやトロンボーンのように、演奏中に管長を調整してピッチを修正することも出来ません。サックスのピッチは「耳と口で出すもの」、という考え方が実践的な解です。まず、「安定したアンブシャ(マウスピースの唖え方)」というものが、「低音域から高音域まで同じ口の形と力加減で吹く」ということではないことを理解しましょう。「低音域から高音域まで、適正なピッチと均一なサウンドを出せるよう、臨機応変にコントロールされたアンブシャ」が、安定した、正しいアンブシャです。このためには、自分のサックスのピッチの傾向を把握することが重要です。基本チューニングをしたのち、どの音が上ずるか、下がるかを一音一音把握しておきましよう。そしてそのピッチ傾向を修正するアンブシャを、無意識にできるよう練習しましょう。楽器の温度によってもピッチの傾向は変わります。ご注意を。

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』

返品保証30日+豪華3大特典付き
⇒『 AIZENより クリスマスキャンペーン 返品保証30日+豪華3大特典付き』

レビューを書いてAIZENゲットのチャンス!
⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

関連記事

  1. サックス 練習・レッスン

    チューニングの方法

    今は小型チューニング・メーターが普及しているので、サックス奏者の皆さ…

  2. サックス 練習・レッスン

    ビブラートの掛け方

    サックスを吹いていると、避けることが出来ない…が、避けられるモノなら…

  3. サックス 練習・レッスン

    サックスのソロ曲の選び方

    パーティーや友人通しの集まり、またライブハウスのアマチュア向けセッシ…

  4. サックス マウスピース

    音色を表現する言葉

    サックス奏者は楽器やマウスピースの、固有の音質に非常に注目します。ま…

  5. サックス 練習・レッスン

    美しい高音の出し方

    サックスはその構造上、低い音程の音には完全な限界があります。普通のサッ…

  6. サックス お手入れ

    サックス初心者の落とし穴

    サックスは管楽器の中で最も「とっつき易い」、「始め易い」楽器と言わ…

コメント

    • 曽根康信
    • 2019年 12月 26日

    ピッチのコントロールはあくまでも耳が肝だと思います。音感、相対音感を養うトレーニングが大事かと。
    チューナー信者を育てるようなことは言わないほうが良いと思います。
    もちろん練習の過程でチューナーを使うのはよいと思いますが、
    本番中はチューナーを見てられるわけでもないですし、最後に頼りになるのは耳です。
    それができなければ、他の奏者との調和は保てないと思います。
    相対音感はトレーニングで養えます。
    そこに着目した練習を推奨すべきです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

previous arrow
next arrow
Slider

最近の記事

アーカイブ

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP