フルート持ち替え

フルート持ち替え時の注意


AIZENもフルートのご提供を始めましたので、フルート吹き、特にサックスプレーヤーのフルート持ち替え奏者への情報も拡充しなければ、と思っています。多分、フルート専門の奏者では余り意識しない、持ち替えフルート奏者用のノウハウも多々有ると思います。そんな情報の始めの一歩として、サックスからフルートへ持ち替えるときの注意を二、三あげてみましょう。
 コンボジャズの場合は、一曲の途中でサックスからフルート、フルートからサックスへ持ち替えることは稀でしょうが、ビッグバンドのサックスプレーヤーの場合は日常茶飯事です。近年のアレンジャーによる曲では、一曲の中の随所に「change to Flute」やら「change to Sax」と書いてある場合が少なくありません。だいたい楽譜のパート記載が普通の「2nd Tenor Sax」とかではなく、「Woodwind 3」なんて場合があります。ま、とにかくスムースに楽器を持ち替えなければなりません。このサックスとフルートの持ち替えをスムースにするポイントが三つあります。唇、アゴ、指の3種です。
サックスとフルートの最大の違いは音を発する構造です。サックスではマウスピースに付けたリードを振動させますが、フルートではリッププレートの歌口孔(サウンドホール)に息を吹きかけて、空気の渦で音を出します。この息を作るため、上下の唇を閉じて、その間にアパチャーと呼ばれる小さな孔を開け、そこから細い息を出し、歌口孔にぶつけます。サックスは口を開けてマウスピースを咥えていますが、フルートは口を閉じます。そして正確にアパチャー(唇の空気穴)の形状をコントロールして息を出さなければなりません。この違いを相当意識しなければ、フルートに持ち替えた後の最初の音は絶対に出ないでしょう。次はアゴ、サックスでは使わない場所です。アゴというよりアゴと下唇の間というのが正しいでしょうか。ここにしっかりとリッププレートを固定しないと、フルートの音を安定させることが出来ません。左手人差し指の付け根でフルートを支えて、適度な圧力でフルートを安定させることに集中してください。そして最後のポイントはキーを操作する指の動きの違いです。サックスではかなり大きな指のアクションでキーを操作しますが、かなり小ぶりのフルートのキーでは、より繊細な指の動き、力の入れ具合が必要です。サックスの操作の指のアクションを「パタパタ」と例えるなら、フルートは「うねうね」です。また動かす方向も違います。頭を切り替えないと、キーに無理な力を加えて、フルートの調整が狂う場合もあります。これら三つの「頭の切り替え」はサックス&フルート持ち替えの、最小限のものですので、自動的に意識できるよう癖をつけてください。
残り17名様 初夏のAIZENキャンペーン
スペシャル4大特典プレゼントキャンペーン開催中

詳しくはこちら

関連記事

  1. フルート持ち替え

    フルートのアメリカンとフレンチ

     アメリカンとフレンチと言っても、コーヒーやトーストの話しではあり…

  2. サックス 演奏

    フルートを参考にするサックスの吹き方

    サックス奏者のフルート持ち替えは、かなり多くのサックス奏者がおこな…

  3. サックス 演奏

    ビッグバンドのとほほな持ち替え

    ビッグバンドのサックス奏者には、「持ち替え」という宿命が課せられて…

previous arrow
next arrow
Slider

最近の記事

アーカイブ

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP