サックス ケース

サックス持ち歩き秘伝


みなさんはどんなケースで愛サックスを運んでいますか?箱型ハードケース、クラムシェル型パックケース、ソフトタイプのパックケース、ソフトケース等々、ケースには多くのバリエーションがありますが、「その持ち方と運び方」には意外と皆さん無頓着のようです。サックス持ち歩き時の注意点について話しましょう。
 まず一番に大事なことは、人にぶつけないように運ぶ事ですね。ソプラノサックスでも結構な重量物です。ぶつけられた人にとってはたまりません。人ごみの中を歩くときや電車の中では極力楽器を「抱えて」、人にぶつけないようにしてください。そうすれば、「モノ」にぶつける事も必然的に防げます。一石二鳥です。リュックタイプのケースを背負ったまま、電車に乗るのも注意してください。後ろに立ったひとには溜まりません。また電車が揺れて、ケースから壁や電車のポールに激突でもしたときには、サックスへのダメージは尋常じゃないです。「抱える」、「足の間に挟む」が原則です。
歩いているとき、車に乗せて移動させるときに注意すべきは振動の方向です。シャフトから横に伸びたステー(腕)とトーンホールカップは、木の幹と枝、枝の先の果実の関係です。軸の木の幹が上下に揺れたとしたら、大きい実をつけた枝ほど大きく揺れますよね。これはサックスのキーメカニズムへの、振動の悪影響と同じです。サックスを縦にして上下に振動させると、重いトーンホールカップが付いているステーには大きな力がかかります。それが繰り返されれば、トーンホールをパッドが塞ぐ精度に狂いが生じる事は言うまでもありません。サックスは縦揺れの振動が苦手です。ただし、キーやトーンホールカップがしっかり固定される内装のケースや、キーククランプを装着した場合には、この範疇ではありません。実はケースの中に柔らかなタオルやクッション材を入れて、ケースのサックスへの密着度を高めているサックスオーナーは少なくありません。今日の話で、「サックスへの振動」をちょっとでも気にしていただければ幸いです。
残り7名様 秋のサックスフェア 1万円相当の豪華4大特典付キャンペーン開催中
詳しくはこちら

関連記事

  1. サックス 本体

    注目のサックス表面処理の新素材、ブラックラッカー

    「サックスは黄金色」なんて常識は最近では通用しませんね。数こそ少ない…

  2. サックス お手入れ

    サックスの凹みはどうやって直すのですか?

    トランペット、トロンボーン、サックス等の管楽器は金属の薄い板のパイプ…

  3. サックス 本体

    サックス事故の症例

    何年もサックスを吹いていると、自分でも、そして他人のやったことでも、…

  4. サックス ケース

    サックスケースを軽くする方法

    サックス吹きの皆さん!サックスって重いですよね。吹いていても首が痛く…

  5. サックス お手入れ

    手に合わせるサックス改造術

    10年以上も同じサックスを吹いていると、その楽器は自分の手の一部にな…

  6. サックス お手入れ

    唾との付き合い方

      トランペットやトロンボーン奏者は、練習スタジオや本番のステージ…

previous arrow
next arrow
Slider

最近の記事

アーカイブ

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP