サックス マウスピース等 専門販売 【イー楽器ドットコム】サックス・マウスピース

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

今なら特典付きで30日間無料お試し有り 夏のボーナスキャンペーン

AIZEN テナーサックス マウスピース ZERO

▼お申し込みはこちら▼

AIZEN ZERO マウスピース音源

AIZEN ZERO テナーサックス マウスピース
AIZEN FUGAテナーサックス WoodStone3番リード 使用

あなたは、サックス演奏にこんな悩みを持っていませんか?

  • かっこよく吹きたいのに、薄っぺらい音しか出せない
  • 大好きなプロのような音にしたいが、うまくいかない
  • 練習を重ねても、なかなか上達しない

サックスがうまくなりたいと思っているけれど、どうしたら憧れの音が出せるかわからず、時に練習が苦痛になってしまうあなたへ。

もしかしたら、あなたのお悩みは、すぐに解決できるかもしれません。

  • リードを替えても吹くのがつらい
  • 中音だけ楽に鳴り、低音が鳴らず高音が薄っぺらい
  • 音色はいいが吹きづらい

…と、あなたが感じているのなら、マウスピースを替えるだけで、音・吹奏感ともに良くすることができる可能性があります。

さらに、

  • 1950年代のジャズの枯れた音を出したい
  • ビンテージの音を自分のサックスで実現したい
  • 憧れのレコードのジャズ・サックスの音に近づけたい
  • 高いビンテージのマウスピースを買い集めている

あなたが、このような「理想の音を実現したい」と思っているサックス奏者なら、私たちAIZENがお役に立てるかもしれません。

その他にも沢山のお声を頂いております。

あのジャズ黄金期の枯れたサウンドを求めて

久保田

こんにちは。イー楽器ドットコム代表の久保田です。

私は、ジャズサックスに出会い、自分でも「あのジャズ黄金期の枯れた音」で演奏したいと思うようになりました。そして、合計200万円以上をつぎ込んでビンテージのマウスピースを買い集め、ようやく理想のマウスピースに出会えました。

しかし、その矢先、事故が起きました。
やっとの思いで手に入れた理想のマウスピースを、うっかり床に落として台無しにしてしまったのです。それ以来、鳴りは二度と戻らず、あまりの悲しみで悔し涙したほどです。

「これを見つけるのに費やした、あの苦労とお金は一体何だったのだろう?」
何度もその日のことを思い返しては、後悔で眠れない夜を過ごしました。

「良いビンテージ・マウスピースは、なぜこんなにも手に入りにくいのか?」
それは、近年サックス人口がこれまでにない勢いで増えたことで、ビンテージを求める人たちの絶対数が増えたこと。また、インターネットの発達によって良いマウスピースは一部のコレクターが独占し、ほとんど市場に出回らなくなってしまったこと。

当然、相場も高騰し、状態の良いビンテージ・マウスピースは、見つけるのも手に入れるのも困難になったのです。さらに、経年変化に弱いハードラバー製マウスピースでは個体数は減る一方で、今では一本15万円以上するものも珍しくありません。

私は仕事柄、これまで2000本以上のビンテージ・マウスピースを見てきましたが、ほんのわずかな「本物」といえるビンテージ・マウスピースと巡り会ったときの感動は忘れられません。今では、ほとんどの人にそのような出会いは起こりえない状況です。

素人が改造していたり、ぴったりの開きがなかったり、すり減って駄目になっていたり。2000本以上見てきた私ですら、良いビンテージ・マウスピースには100本程度しか出会っていません。
この現状を打開するには、自分たちで理想のマウスピースを作るしかないと思い立ちました。 そして、2007年から、AIZEN開発への険しい道のりが始まったのです。
理想の音を追求するために、50種類以上の素材から理想の素材を選び抜きました。仕上げの精度を上げるために生産過程を見直し、強度と響き・音色のバランスを取るために素材の硬度を変えて実験を重ねました。

開発には数々の困難がありましたが、ようやく私自身100点満点の自信をもって、世に送り出すマウスピースを完成させることができたのです。

2008年の秋には6モデルを発表。そして、自信のJazzMasterモデルを開発し、理想の1950年代のジャズ黄金期のあの枯れたサウンドを実現することができました。

・鳴りの素晴らしさ
・自在に音をコントロールできる感動
・サックス全体が共鳴している快感
・サックスとの一体感

こういった至高の体験は、何十年も前の古い楽器やマウスピースでしか得られませんでした。しかも、どれも高価なものばかりです。その体験を、AIZENをお使いいただくことで、リーズナブル・手軽に体験していただけます。

この感動を、サックスを愛するすべての人にお届けするため、AIZENは日々努力を重ねています。

もうこれ以上、マウスピース探しにお金や時間を無駄にする必要ナシ!

私が理想のビンテージサックスマウスピース一本を見つけるために、つぎ込んだのは200万円以上のお金と数年の歳月でした。

またこれまで、私が販売の仕事も含めて本当に良いと思えるマウスピースに巡り会った確率は一体何パーセントだと思いますか?答えは、たったの2000分の100。わずか5%です。その5%を得るのために必要だった投資額とかかった時間は大変なものです。

あのデイブ・リーブマン、ランディ・ブレッカーなどと共演したニック・モーガンのコメントを引用します。

aizen

プロとしてこれまでビンテージマウスピースを何百本も吹いてきたが、AIZENは今まで吹いてきた中で一番最高のマウスピースだ。他のものと比べられないくらい自由に良く歌うマウスピースだと思う。出来の良さに打ちのめされてしまったよ。
AIZENが出た今では、20万円以上もするようなビンテージメイヤーを買う必要はなくなったといっていい。それに、AIZENの新素材は従来のハードラバーよりもずっといい音がする。君が僕にAIZENを使うチャンスをくれたことは絶対に忘れない。AIZENはデイブガーデラ以来の大革命だと思う。もう沢山のプロや楽器店にも勧めているよ。

ニックはカナダのトロントを中心にアメリカ、ヨーロッパでも活躍。

万が一の時でも同じ物が予備で手に入る

どこかに無くしてしまう、盗まれてしまう、割れてしまう、欠けてしまう、経年変化で朽ちてしまう。

ビンテージマウスピースの最大の欠点は替えが効かないということです。プロのユーザーや真剣にサックスを演奏するユーザーにはこれは非常に大きなデメリットです。

あの伝説のテナーサックス奏者ジョン・コルトレーンでさえ、お気に入りのマウスピースを改造するのに失敗して演奏技術が低迷した時期があったと伝えられています。

AIZENではこのデメリットを克服しています。

東京で活躍中のサックス奏者、渡辺てつさんのコメントを紹介します。(彼は私が以前サックスを習った師匠の一人でした。)

aizen

お気に入りのメイヤー5番が2年ちょっとで摩耗して使えなくなり、都内の楽器屋を巡って必至に探していたのだけど中々良いモノ無く困っていた(3桁本は選定している...)。今AIZENが目の前に現れてくれて、とても幸せです。ここまで品質のばらつきがなければ摩耗してもまた同じクオリティが手に入るという事だから思い切りプレイに専念できる!

渡辺さんは東京でライブ活動を精力的に行う一方、ヤマハ認定講師、ISHIMORIプロフェッショナルアドバイザーとしても活躍中です。

国内、海外のプロに支持される実力

画像をクリックすると詳細ページが開きます。

aizen 池田篤 様
aizen ジェシー・
デイビス
aizen クリーブ・E・
ガイトンJr
aizen ラルフ・
フロンホファー
aizen 渡辺てつ 様
aizen ジェームス・
ロメイン
aizen ニック・モーガン
aizen ジェローム・
サバッグ
aizen ヒューバート・
ウィンター
aizen ジミー・ハーグ
aizen ロドリゴ・
ドミンゲス
aizen ディック・
ハマー
aizen ミロ・カドイック
aizen ケン・モラン
aizen ウディ・ウィット
aizen 峯幸一 様
aizen クリスチャン・
ブリューワー
aizen 山田拓児 様
aizen 津上研太 様
aizen アレック・
ハービク
aizen サイモン・
コスグローブ
aizen トニー・
コフィ
aizen 土井徳浩 様
aizen ステファン・
オコーネル
aizen ゾルタン・
アルバート
aizen 矢辺新太郎 様
aizen 佐藤洋祐 様
aizen 日比野則彦 様
aizen 宮本大路 様

▼お申し込みはこちら▼

最高傑作のビンテージサウンドと現代の操作性を追求した
AIZENマウスピース

サックスが発明された当初、多くの奏者は自分の奏法に合うようにマウスピースを改造して使っていました。その後、サックスが数多くの人に演奏されるようになり、楽器本体もマウスピースも需要が増え、多くのマウスピース専門メーカーが現れます。

1930年代頃から、ジャズサックスプレイヤーに使われるようになったのは、オットーリンク、メイヤー、ブリルハート、セルマーで、これらは今でも人気のあるビンテージ・マウスピースです。

1950年から60年代にかけ、ジャズの最盛期とともにジャズ用サックスマウスピースが数多く生産されました。その中には、ていねいな作りと個性的なサウンドから、伝説的な名器が存在します。それらビンテージ・マウスピースは、製造後半世紀を過ぎようとする今でも高い人気を保ち、多くのサックスプレイヤーに愛用されています。

その中でも最高品質のビンテージ・マウスピースのサウンドと吹奏感を目指し、かつ改良を加えたのがAIZENマウスピースです。

AIZENマウスピース 3つの自信

aizen

妥協のない品質管理

すべてのAIZENマウスピースは、1つひとつの細部にもこだわりを持ち、熟練した職人が丹念に作り上げています。全工程で厳しい品質チェックを積み重ねています。

絶え間ない研鑽でサウンドと心地よさを追求

AIZENでは、これまで2000本以上のマウスピースを研究してきました。1950年代のサウンドと吹き心地の良さを追求し、今なお技術力の向上に努めています。

職人の手による美しい彫刻

AIZENでは、京都の熟練した職人が豪華な彫刻を丹念に入れています。良いマウスピースは、見る者を惹きつける美しさをもっています。

AIZEN工場紹介

AIZEN工場入り口

AIZEN工場『蔵』

AIZENマウスピース工場 AIZENマウスピース工場2

AIZENマウスピースができるまで

AIZENのこだわり
AIZENマウスピースの環境
AIZENマウスピースの環境2

徹底的に精度に拘り、全てハンドメイドで製造するAIZENマウスピース

1970年以降、マウスピースも大量生産されるようになり、仕上がり精度の低いものがしばしば見られるようになりました。そのため、プレイヤー自身が楽器店に出向き、良い物を選定しなくてはなりませんでした。

AIZENはマウスピースの精度にこだわり、全てハンドメイドで製造しています。

この製法により、均一な高品質を実現することができました。 製造工程の一部をご覧ください。

Step.1

aizen

衝撃でタガネがずれないように、マウスピースを台座でしっかりと固定し彫ります。タガネは0.5ミリを使用しますが、彫っている線は0.3ミリです。素材が欠けやすいため線を一度に彫らず、2、3度彫って少しずつ深みを出していきます。

Step.2

aizen

彫刻を終えたら、サンドブラスト処理をします。全体にまんべんなく艶消しを行い、高級感を与えます。同時に、この処理をすることで倍音が多くなり、より豊かなサウンドになります。

Step.3

aizen

旋盤を使い、マウスピースのシャンクを削ります。旋盤の軸を高回転でさせるので、中心がぶれないよう正確にセットします。最適なシャンクの長さにすると、マウスピースの音程が正確にとれるようになります。

Step.4

aizen

テーブルを1本1本、独自に開発したヤスリで水平に仕上げます。軽く左右均等に力を入れ削っていくことで、テーブルが水平に仕上がります。テーブルのバランスを安定させると息の流れが安定します。この状態でフェイシングの長さなどを合わせます。

Step.5

aizen

特殊な器具を用い、フェイシングの曲線が理想的かどうか1本1本チェックします。 次に、手前と奥のフェイシングカーブ(リードに接しない先端部分の曲線)が対称かつ基準値に沿っているか確認します。これが対称でないと、音の立ち上がりが悪くなります。

Step.6

aizen

特殊な機械でマウスピースのオープニングを1本1本適正であるかチェックし、基準値に満たないマウスピースは音が鳴りづらかったり、吹きにくかったりすることがあるので、調整をかけて基準値に合わせます。

ビンテージは個体差が大きい傾向にありますが、AIZENは職人の手によるハンドフィニッシュにこだわり、さらにデジタル機器を活用して誤差をなくすことで、個体ごとのばらつきを極めて小さくすることに成功しました。

もう、マウスピース選びに悩む必要はありません!

AIZENは多数のテレビ、新聞、雑誌で紹介されています。

画像をクリックすると詳細ページが開きます。
aizen NHK高知 生放送
aizen THE SAX
vol.66 9月号
aizen THE SAX
vol.53 7月号
aizen THE SAX
vol.52 5月号
aizen THE SAX
vol.51 3月号
aizen THE SAX
vol.46 5月号
aizen THE SAX
vol.42 9月号
aizen THE SAX
vol.40 5月号
aizen THE SAX
vol.38 1月号
aizen THE SAX
vol.37 11月号
aizen SAX&BRASS magazine
2009 volume11
aizen JazzLife
2009年5月号
aizen 高知新聞朝刊
aizen Jazz Life
2009年2月号

AIZEN ZERO テナーサックス マウスピース

私は、ビンテージマウスピースが良い音が出る理由は、

・デザインの良さ
・素材の良さ
・仕上げ技術の高さ

この3つの絶妙なバランスを取れているからだと思います。
どれか一つかけても良い音にはなりません。

1,理想の鳴りと音色を目指すデザイン

私が今の知識と技術を以て、もし2008年に戻りAIZEN最初のマウスピースを作るとしたら、どんなデザインにするだろうか?

ZEROモデルのマウスピースの設計は、この自問自答から生まれました。

CDで聞くジャズテナーサックスのプレイヤーは、多くがオットーリンクを愛用していました。私自身もテナー奏者として、特にオットーリンクのテナーマウスピースには個人的な思い入れがあります。

開発の参考にするために手に入れた物も含めると、ビンテージのオットーリンクだけでも手元に30本以上あります。

今回は、オットーリンクスラントシグナチャーモデルとオットーリンクアーリーバビットモデルをベースに金型を起こしましたが、元々のデザインでは、特に高音が痩せて詰まりがちな点、抵抗感が強い点が克服できませんでした。

これまでの経験を活かして、あの音色を損なわず、マウスピースとして息の効率がさらに良くなるように、吹き心地が良くなるように、改良しました。内部と外部の構造から息の流れの効率化を考えました。

何度も試作を繰り返して最も吹くときのストレスが少なく、さらにあの暖かく豊かなサウンドを出せるように仕上げました。

私がAIZENのマウスピースを作り始めた理由は、プレイヤーの皆様が心から純粋に演奏を楽しめるような体験をして頂きたいという一言に尽きます。

このマウスピースを通じて少しでもその境地を味わって頂ければ幸いです。

2,ビンテージにも勝る。最高品質のエボナイト

エボナイトの材料としては、私はビンテージブリルハートのハードラバーモデルのものが世界最高だと思っています。もちろんその材料は大変貴重なもので、今となっては手に入れる術がありません。私はなんとかしてあの魅力的なサウンドを再現したいと思いました。

しかし、規格品のエボナイトでは、あの上品な艶とメローな響きのサウンドにはあと一歩及びません。あの響きが足りません。

そのため規格品ではなく、独自のエボナイトの配合を考えました。

1年ほど試行錯誤した結果、これであればビンテージブリルハートのエボナイトにもひけを取らないという材料を作ることができました。

音も響きも素晴らしく、他のエボナイトと比べるとまるで別の材料のようです。

3,1本1本心を込めて手仕上げ

ハイレベルなビンテージマウスピースは、もはや製品ではなく、芸術品だと言っても良いでしょう。

1950年代のマウスピース職人は、魂を入れるようにマウスピースを作っていたのだと思います。そのような職人の意気込みを1本1本のマウスピースに感じ取れます。

もちろん、このやり方では量産は不可能です。現代のマウスピースは量産できるように製造されている物がほとんどですので、1個1個に手間暇をかけて手仕上げするとどうしても採算がとれなくなります。

しかし、私はこれまで数多くの失敗を重ね、2万本近くのマウスピースを作ってきてよくわかりました。マウスピースのことを全部分かった人間がチェック、修正しなければ、マウスピースの本領は100%発揮できません。

何故なら、マウスピースの可能性を100%引き出すには、試奏して、細かい部分の調整を繰り返すという熟練を要する作業が欠かせないからです。

当然、それは容易なことではありません。極めてアナログな作業で、数値では計測できないような微妙な感覚をつかまなければなりません。これには熟練と経験が必要です。

今回のZEROモデルは、全ての工程を私自身が手仕上げしています。一切の妥協無く、私の持てる全ての経験と技術を1本1本に魂を吹き込むつもりで込めました。

お客様にこのマウスピースを使って頂き、心から喜んで頂ければ、それほど幸せなことはありません。

価格について

ZEROモデルは1本あたり作るのに、平均して通常のマウスピースの3倍以上時間がかかっています。採算から考えると、値段は10万円程度をつけても良いのですが、それではごく一部の方にしか手に入らないものになってしまいます。

本当に良いマウスピースを手頃な価格でお使い頂きたいので、今回は3万6千円という価格に設定させて頂きました。

AIZEN ZERO テナーサックス マウスピース

AIZEN代表自ら、オットーリンクをベースにして、マウスピース作りの原点に戻って考え抜いたモデル。最高級エボナイトを使用した完全ハンドメイドモデル。

AIZEN代表の私が、原点に戻って理想のジャズテナーサウンドを求めたモデルです。 吹き心地の良さはもちろんのこと、暖かく豊かな音の響きのサウンドに仕上げています。エボナイト特有の音色の幅、味わいを十分に引き出すためのハンドメイド仕上げを行っておりますので、オットーリンクタイプとしてはオールマイティなマウスピースに仕上がっております。幅広いジャンルでお使い頂ける一本です。

▼ AIZEN ZERO テナーサックス マウスピース の申し込みはこちら ▼

AIZENキャンペーン
AIZENキャンペーン2

AIZEN
スワブ

AIZENキャンペーン2

AIZEN ロゴ入り
スリムカードケース
※色のご指定はできかねます

AIZENキャンペーン2

AIZEN
マイクロファイバー
ポリッシュクロス

▼AIZENテナーZEROモデル の申し込みはこちら▼

マウスピースのみをお求めの方はこちら

AIZEN ZERO テナー サックス マウスピース

¥39,600

数量
カートに追加しました。
カートへ進む
リガチャーも一緒にお求めの方はこちら

AIZEN ZERO テナー サックス マウスピース リガチャーキャップセット

¥41,800

数量
AIZEN用に調整したロブナーリガチャーとキャップが付属します。マウスピースのサイズでお悩みの方はこちらをお勧めします。
開き
7☆
2.55mm 2.65mm 2.8mm

他のマウスピースとのオープニングの比較はこちらの表をご覧ください。

マウスピース開き比較表
AIZENはジャズ志向のマウスピースですので、リードはコシが比較的柔らかめのものをご使用下さい。バンドレン青箱のような物ですと十分に実力を引き出せないことがあります。通常私たちが出荷前にテストするときは石森の2 1/2を使っています。他のおすすめはバンドレンのZZやJAVAの2 1/2などです。
▼AIZEN在庫状況はこちら

お勧めのリガチャーとリードはこちら

AIZEN フリーダムリガチャー+ネジ4個セット(LIG4)

¥15,180

数量
モデル名 ATH(アルトサックス、テナーサックス、Bbクラリネットハードラバー 用)

ネジ4個セットの内容 (真鍮小、真鍮大、ブロンズ小、ブロンズ大)

使用方法説明書付き

対応サイズが非常に多岐に渡るため、キャップはご用意しておりません。 キャップは順締めのものであれば、大体のキャップでお使い頂けます。

ビンテージ仕上げのため、リガチャー、ネジともにメッキに色むらがあり、写真のムラとは異なる場合があります。

Wood Stone ウッドストーン(石森) リード テナー

¥3,366

数量

AIZENマウスピースをお買い求め頂いた方には4大特典をお付けします!

特典1. 完全事典(2,000円)をプレゼント

通常2000円で販売している「サックスマウスピース完全事典」を無料でプレゼントします。私が10年間かけて修得した知識をまとめています。手元においておけば必ず役に立ちますし、これを読めば、あなたもサックス・マウスピース通になれます。*こちらはPDF形式でのダウンロードになります。

特典2. サックス上達13の秘密(2,000円)をプレゼント

通常2000円で販売している「サックス上達13の秘密」を無料でプレゼントします。
初心者の方からベテランの方まで、サックスの基本知識から知って得する豆知識までサックス情報満載の1冊です。*こちらはPDF形式でのダウンロードになります。

特典3. ポイントバックキャンペーン

弊社の研究開発に役立てるため、ユーザーのみなさんの声を集めています。
商品が届いたら、AIZENについて、あなたのご意見・ご感想をお聞かせいただきたいのです。

商品に同梱するアンケートにお答えいただいたら、

最も有り難い感想を頂いたお客様には、

AIZENマウスピースをさらにもう1本無料で差し上げます!(2名)

次点の方には
その他の方全員にも次回よりリードやリガチャーなどイー楽器の商品ならどれでも5,000円引きにできるポイントを還元します。 (3名)

その他の方全員にも
2,000円引きにできるポイントを還元します。

※当選はご連絡通知を持って替えさせて頂きます。

特典4. 業界初の30日間の満足保証

私がAIZENサックスマウスピースを手に入れやすい価格でご提供する理由

これまで2000本以上マウスピースを扱ってきた経験からすると、これだけ手が込んだものは最低でも15万円は下りません。また、音色は、10万円以上するマウスピースと肩を並べるとプロ奏者から評価をいただいています。しかし、高額に設定せず、あえて手に入れやすい価格でご提供するのには理由があります。

私は、サックスを始めた頃、音にこだわった楽器・マウスピースを買うための十分なお金がありませんでした。周りの仲間も同じでした。

そのような状況で、最もお気に入りのマウスピースを台無しにしてしまったときは、「なんてオレって不注意なんだろう! もう二度と手に入らないかもしれないのに!」と、どれだけ自分を責めたかわかりません。

そこで、以前の私のように、サックスが好きで音にこだわりがあるけれど、十分なお金をかけられないと悩んでいる方にも、手に取っていただきやすい価格に設定しました。

私自身サックスが大好きで会社を興しました。プレイヤーとしてライブハウスで吹いています。完成したばかりのAIZENマウスピースを、初めて吹いた時の感動は言葉では伝えきれません。感動で心が震え、この強い感動を、サックスを愛する仲間たちと分かち合いたいと思ったのです。

  • ビンテージを探し求めている
  • 自分の吹き方が悪いんだとあきらめている
  • 品質の悪いマウスピースで我慢している

そんなあなたに、高品質なマウスピースを安価でお届けしたい。 この想いをわかっていただける方に手に入れていただくことができれば、私は本当にうれしく思います。

残念ですが、あなたはAIZENマウスピースを手に入れられないかもしれません

  • 値切る方
  • 最初から返品するつもりで購入される方
  • 外観に過度にこだわる神経質な方

もし、あなたが上記の1つにでも当てはまるなら、決してお申し込みにならないでください。

値切る方や、最初から返品するつもりで購入される方は、お互い時間と労力の無駄になります。また、楽器としての品質には一切の妥協がありませんが、職人のハンドメイドのため、表面に微細な傷がある場合があります。鳴りに影響はありませんが、外観だけにこだわる神経質な方は、お申し込みにならないでください。

さらに、AIZENサックスマウスピースは非常に手の込んだ製作工程を経ていますので、最高の品質を保つには、1日5本作るのが限界です。ご提供できる数には限りがありますので、長くお待たせしてしまう可能性もあります。

気になったなら、お早めにお申し込みいただくことをお勧めします。

追 伸

ビンテージは個体差が大きい傾向にあります。これまで楽器店を何軒もハシゴし試奏して、良い物を探した経験のある方もいらっしゃるでしょう。

私自身も経験してきましたが、音の環境が違う場所で吹いたマウスピースを、どれがよかったかと判断に悩みながら買う苦労、ハシゴするのにかかる時間、移動にかかるコストなど、とにかくマウスピース選びは大変です。

AIZENは職人の手によるハンドフィニッシュにこだわり、さらにデジタル機器を活用して各部の水平さを測定し、誤差をなくすことで個体ごとのばらつきを極めて小さくすることに成功しました。

最大のビンテージマウスピース専門業者として有名なマーク・セピナックからのコメントを紹介します。

君が送ってくれたAIZENには全てばらつきが感じられなかった。ばらつきが無いということが、AIZENとビンテージメイヤーの最大の違いだと言えるだろう。

マークは25年にわたりビンテージサックスマウスピースを世界で最も多く販売した人物です。その証拠に、ケニー・ギャレット、ウェーン・ショーター、マイケル・ブレッカー、グローバー・ワシントン・ジュニア、ジェームス・カーター、ヤン・ガルバレク、ファラオ・サンダース、エリック・アレクサンダー、スコット・ハミルトン、ハリー・アレン、ジェリー・バーガンンジーなど世界のトップアーティストたちが、彼の常連客として名を連ねています。

もちろん、AIZENの製法には弱点もあります。それは大量生産には向いていないことです。ですから、機械生産品のように大量に販売するのは難しいですし、作るのにも手間と時間がかかります。このため、ご注文後、お待たせすることもあります。

私たちは、あなたに感動していただくために、楽器製造にすべてをかけています。

・鳴りの素晴らしさ
・自在に音をコントロールできる感動
・サックス全体が共鳴している快感
・サックスとの一体感

こういった至高の体験は、何十年も前の古い楽器やマウスピースでしか得られませんでした。しかも、どれも高価なものばかりです。

「AIZENで、あの感動を手軽に体験できた!」

そういったお客様からの喜びの声をいただけるのが、長い間苦労してAIZENを作り上げた「サックスバカ」冥利につきるというものです。

少しでも、私のようにサックスを愛する人を増やしていきたい!
「サックスがこんなに楽しいものなんだ」と再発見する人を増やしたい!

そんなサックスファンのお役に立てることが私たちの幸せです。あなたに感動をお届けすることを、私たちは心から願っています。

▲お申し込みはこちら▲

返品満足保証
演奏VIDEO 販売店 AIZENカタログ請求 AIZEN問い合わせ
プロよりコメント
ジェシー・デイビス
ガイトンJr
ラルフ・フロンホファー

渡辺てつ
ニック・モーガン
ジェローム・サバッグ
ヒューバート・ウィンター
ジミー・ハーグ
ロドリゴ・ドミンゲス
ディック・ハマー
ミロ・カドイック
ケン・モラン
ウディ・ウィット
峯幸一
クリスチャン・ブリューワー
山田拓児
津上研太
アレック・ハービク
サイモン・コスグローブ
トニー・コフィ
土井徳浩
ステファン・オコーネル
ゾルタン・アルバート
矢辺新太郎
佐藤洋祐
日比野 則彦
宮本 大路
メディア掲載
メディア掲載60
NHK高知 生放送
メディア掲載50
THE SAX
vol.66 9月号
メディア掲載1
THE SAX
vol.53 7月号
メディア掲載2
THE SAX
vol.52 5月号
メディア掲載3
THE SAX
vol.51 3月号
メディア掲載4
THE SAX
vol.46 5月号
メディア掲載5
THE SAX
vol.42 9月号
メディア掲載6
THE SAX
vol.40 5月号
メディア掲載7
THE SAX
vol.38 1月号
メディア掲載8
THE SAX
vol.37 11月号
メディア掲載8
SAX&BRASS magazine
2009 volume11
メディア掲載9
JazzLife
2009年5月号
メディア掲載10
高知新聞朝刊
メディア掲載11
Jazz Life
2009年2月号
SSL

カテゴリ一覧

MENU

ページトップへ