アルト 希少 オットーリンク EburnatedBarモデル 6番 1930年代 サックス マウスピース等 専門販売 【イー楽器ドットコム】サックス・マウスピース

SAXならイー楽器ドットコム

問合せフォーム toiawase toiawase

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

会員情報

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
キーワードを入力してください

商品カテゴリ

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

AIZEN工場
  • 限定品
商品コード:
26196

アルト 希少 オットーリンク EburnatedBarモデル 6番 1930年代

販売価格(税込):
69,984
ポイント: 648 Pt
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
類似の商品をお探しですか?お探し物が見つからない場合は、下記のフォームよりお問合せください。
問合せフォーム

オットーリンク EburnatedBarモデル 6番 1930年代



その丁寧な作りと個性的なサウンドから、製造後半世紀を過ぎようとする今でも高い人気を保ち、多くのサックスプレイヤーに愛用されている伝説的な名器、オットーリンクのヴィンテージマウスピースです。


通称「スラント」と呼ばれるこのヴィンテージマウスピースは、豊かで温かみのある独特のダークなサウンドが特徴で、まさに「ジャズの為のマウスピース」とも言われています。


スラントとして呼ばれるマウスピースはオットリンクではEBURNATED BARタイプの物とTone Edgeの一部の通称で、Slant Signatureの由来はOtto Linkのロゴが傾に刻印されていることにあります。
特にEBURNATED BARタイプのオットーリンクによって1930年代に製作された、最初のハードラバーマウスピースで、オットーリンクの中でも最もバッフルが低く、チェンバーが大きいモデルと言われています。


一方のToneEdgeのSlantはスタン・ゲッツ氏などが愛用していたことでも有名です。
どちらもラージチェンバー、ローバッフルから得られるリンク独特のヴィンテージサウンドは今でも多くのジャズプレイヤーに愛用されています。

AIZENリフェース 開き1.9mm メイヤー6番相当、セルマーD相当
マウスピースのもともとの音色の良さはそのまま残し、経年変化で狂ったフェイシングやテーブルなどのバランスを調整して息の流れを良くし、吹きやすくなるようにしてあります。
開きはメイヤー6番相当ですので、どなたでも吹きやすいと思います。


目立った傷や変色はなく、80年前のヴィンテージマウスピースとしては非常に状態の良いマウスピースです。
オットーリンクらしさのある暖かみのある音色で、ジャズなどにはとてもしっくり来ます。
息の通りもスムーズで、抜けの良いマウスピースです。
現行のマウスピースにはない、暖かく深いヴィンテージリンクのサウンドが魅力です。
ジャズプレイヤーにお薦めのヴィンテージマウスピースです。



キャップ、リガチャーは付属しません。


trial

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

インフォメーション

インフォメーション toiawaseform guidance guidance orico guidance personalinformation guidance guidance
Copyright© 2006-2013 Projection Co.,Ltd All Rights Reserved.
本サイト内の文章、画像、映像、ストリーミングなど一切のデータは株式会社プロジェクションに属します。