Home » サックス 練習・レッスン

吹奏楽上がりは、アドリブは出来ない?

Written By: sax on 1月 21, 2011 No Comment

ライブハウスのアマチュア・セッションなどに出掛けると、「私は吹奏楽出身なのでアドリブが出来ないんですよ。」ということをおっしゃる、アマチュアプレーヤーが沢山いらっしゃいます。

「アドリブ」や「インプロビゼーション」を言葉通りに「自由に演奏する」という風にとらえたら、「私は自由に演奏することが出来ないんですよ。」ということになります。誰が、何が、どんな法律が、自由に演奏することを禁止しているんでしょうか?アドリブに免許ってありましたっけ?ま、皆さんにお叱りを受けそうなので、冗談はこのくらいにしておきましょう。今日お話したいのは、「アドリブ恐怖症」の克服の方法です。

先ほどのコメントを素直にとらえるならば、「思ったとおりのアドリブのフレーズが演奏で出てこない。思い通りの演奏が出来ない。」ということでしょう。

ここでこのコメントに、厳しい二つの現実を突きつけましょう。ひとつは、「アドリブは本当の即興演奏ではない」ということと、「自分で思っているよりあなたは上手くない」ということです。

もちろんアマチュアのセッションはプロの演奏ステージではありませんし、聴衆も仲間たちばかりで、お金を払って聞きに来ているわけではありません。プロのミュージシャンの演奏と同等のものをその場で誰も期待はしていないでしょう。

しかし、あまりにもひどい演奏は正直聴きたくないです。カラオケだって知らない間に、「他人の歌は一切聞かない、自己満足歌唱大会」が一般的になっていますが、耳を覆いたくなるような音痴の方とは、カラオケは行きたくありません。

私は人の歌も聴いて楽しみたいからです。アマチュア・セッションを自己満足のカラオケ大会にしてませんか?そういう方は、セッションデビューするまでもう少し練習したほうが良いと思います。自分の演奏を録音して、これなら人前でも…と思うまで我慢してください。

今回はもの凄く厳しく、自己中心的なコメントが続いてしまいましたが、実はその理由があります。頭を切り替えれば、吹奏楽出身のアドリブが苦手というあなたも、すぐにアマチュアセッションへデビューできるからです。

アドリブは「即興」に価値があるのでは有りません。多くの巨匠たちは即興で感動を与えるソロを自在に作り出し、偶然までをも芸術とします。だからジャズではアドリブが重要視されます。

しかしアマチュアのレベルでは即興である必要は全然ありません。大好きな曲のソロを書き、いや好きなミュージシャンのコピーの継ぎはぎでも良いでしょう。また先生と一緒に書いたソロの1コーラスでも良いでしょう。

それを何回も練習して覚えてください。セッションで失敗せずにふけるようになってください。12小節のブルースを2コーラス程度のソロなら、50回も練習したら、人前で吹けるレベルになるはずです。いや、絶対なります。それをセッションで吹いてください。皆、あなたの演奏を楽しんでくれるはずです。

他の曲を出来る必要なんてありません。今日は「書きソロ」をジャズの禁止事項と誤解している方々へのメッセージでした。

超希少 伝説の名器 コーン30M テナーサックス本体 276XXXはこちら

初めて6 ヶ月の超初心者の私でも、一番下を押さえたまま、オーバートーンが2 倍音3 倍音がスムーズに出てきたのはびっくりしました。
(AIZEN NY アルトサックスマウスピースご購入 小川天平様 のお声)
AIZENマウスピースはこちら

ご好評の為、第3回 先着100名様限定! お買上げ金額が1万円以上のお客様に、高知県の特産品を1個プレゼントキャンペーン実施中

Digg this!Add to del.icio.us!Stumble this!Add to Techorati!Share on Facebook!Seed Newsvine!Reddit!
  Copyright ©2009 サックスお悩み相談室, All rights reserved.| Powered by WordPress| Simple Indy theme by India Fascinates