Home » Archive

8月 2018

Written By: sax on 8月 29, 2018 No Comment

楽器屋さんでも、またネットのあちこちでも、「初心者向けアルトサックスセット」とか「初心者に最適!お手頃サックス」等のキャッチコピーが溢れています。また、「初心者向けのマウスピースは何か良いですか?」や「初心者でも出来る練習方法を教えてください。」なんて質問も良く見ます。改めて、少し真剣に「初心者向け」とは何を指しているのかを考えてみました。
 「初心者向けサックスセット」というのは、誰もが想像できるように、サックスを始めたばかりのひとが、「サックスを吹く」という行為を続けるための楽器本体や、必要な小物をすべて取り揃えたものです。楽器本体にケース、マウスピースにリード、ストラップ、クリーニングクロス、掃除用スワブ、コルクグリス、吸水ペーパーあたりのセットが標準的でしょうか。どうせならサックススタンド、譜面台、電子メトロノーム、電子チューナー等も付属していたら完璧度が格段に上がりますね。あ、出来たら、「これを聴くべし!」なんて、歴史的サックス奏者の名前と音源(CD等)のリストなんかも付けてくれたら、初心者サックス奏者さんは、嬉しくて飛び上がるのではないでしょうか。この場合の「初心者」は、今までサックスに全く関係のない生活を送っていて、「さあ、これからサックス生活を始めるぞ」という人を指している訳ですね。多くの場合初心者セットは、比較的安価に供給されています。「これから一生、濃厚にサックスを吹き続けるための、スペシャル初心者セット」と銘打って、高級機種のサックスに人気のある周辺小物を揃え、マウスピースは数種類、リードなんかは数種でいくつもの番手のリードを付けたらどうでしょう。多分軽く百万円は超えると思いますが…。

 「初心者向け」という言葉は「標準的な」という意味でも使われるようです。マウスピースならセルマーのD、メイヤーの5M、オットーリンクの7*とかのティップオープニング、リードであればMIDIUMや2-1/2の「真ん中」の番手が初心者に勧められるようです。しかしこれらはあくまで「標準」であり、奏者の感覚や個性、個人的身体特性によって、いずれは多くのサックス奏者が標準を離れていきます。そう考えると、「まずは標準のセッティングで吹いてみて」というのは、必ずしも正しいとは言えないかもしれません。出来る事なら初心者であっても、色々なティップの広さのマウスピースを試し、かつ色々な硬さや個性のリードを試してみるのが良いと思います。リードは試奏が出来ませんし、マウスピースのバリエーションは無限ですので、現実的にはそう簡単なことではないんですけどね。
 この様に考えてみると、「初心者」には優れた「指導者」のアドバイスが必須であり、これからの彼・彼女のサックス人生を、楽しいものにさせるのも、上達の近道を歩ませるのも、その指導者次第という事を感じます。優れたサックスの指導者は、その生徒さんとしっかりと会話し、体格を観察し、練習環境を類推し、そのひとに最適な「サックスの始め方」を考えてくれるはずです。確かにサックスは、それだけ面倒臭い楽器です。サックスは管楽器の中でも、一番指導者との出会いが重要な楽器なのかもしれません。

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』

返品保証30日+豪華3大特典付き
⇒『AIZENより Summerキャンペーン♪ 返品保証30日+豪華3大特典付き』

レビューを書いてAIZENゲットのチャンス!⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

Written By: sax on 8月 22, 2018 No Comment

最近、楽器のサウンドの音質を表現する際に、「豊かな倍音を含んだリッチなサウンド」などと、「倍音」という単語が頻繁に登場するようになって来ました。うーん、倍音って何でしょう?
 サックスの場合、「倍音」という単語は二系統の意味があります。ひとつは楽器のコントロールの訓練である、オーバートーン・トレーニングで言うところの倍音です。オーバートーンを日本語訳すると「倍音」となります。最低音のシ♭の運指でオクターブ上のシ♭、ファ、シ♭、レ、ファ、ラ♭、シ♭の音を喉のコントロールで出します。最初の音が基音、オクターブ上のシ♭が第二倍音。それに続いて第三倍音から第八倍音です。これらの倍音を喉のコントロールで意図的に鳴らすオーバートーンのトレーニングをすることは、幅広い音色を自分でコントロールすることへ繋がる重要な練習です。もう一つの倍音は、音の音質を作り出す「高調波」です。音は正弦波(サインカーブ)で解析できますが、基音だけの単純な音は音叉の音です。音叉の音にはほとんど倍音が含まれていません。これに対し、すべての楽器はそれぞれの個性ある倍音を含んだ複雑な波形の音を持っており、その楽器の音色、サウンドを生み出しています。オーバートーンでは第二倍音、第三倍音と整数の倍音しか扱いませんでしたが、楽器の構造によっては1.5倍音等、整数倍で無い倍音も混ざっています。

 音叉は「倍音を徹底的に抑制した楽器」です。通常は、どんな音も倍音を含む、というのが物理の法則です。さきほどのオーバートーンの話しに戻ると、「楽器が本来持っている基音と倍音を意図的に引っ張り出す」というのが練習の実際です。音響心理学的な研究では、偶数倍音は「精神的安らぎや安定」の効果があり、奇数倍音は「明瞭度の向上」の特性を持っていると言われています。クラリネットは円筒形の閉管構造であるため、主に奇数倍の倍音を多く含むため、シンプルで明瞭度の高い音色を持っています。サックスは管が円錐形であるため、偶数倍の倍音が豊富です。このため、サックスはフルートやクラリネットより倍音成分が複雑で、音色も複雑になっています。そう、倍音の種類や配分量でその楽器のサウンドが決まる訳です。
 整数倍の倍音は、音階の範囲内に入っていますので、基音に対してハーモニー(和音)の効果を発揮します。従って、整数倍の倍音が多い楽器のサウンドはとても音楽的です。逆に非整数倍の倍音は、いわゆるノイズになります。スネアドラムやシンバルなどの打楽器は非整数倍音が優位なため、基音の音程感が希薄です。同じ打楽器でもティンパニーは整数倍音が多いため、しっかりとした音程感を持っています。倍音は、料理で例えるならば、調味料やスパイスかもしれません。その量やバランスで、様々な味の料理、サウンドが作り出されます。そう、倍音を制する者がサウンドを制するのです。

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』

返品保証30日+豪華3大特典付き
⇒『AIZENより Summerキャンペーン♪ 返品保証30日+豪華3大特典付き』

レビューを書いてAIZENゲットのチャンス!⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

Written By: sax on 8月 15, 2018 No Comment

サックスに限らず、管楽器の演奏には腹式呼吸は不可欠だと言われています。しかし、「正しい腹式呼吸」やら「腹式呼吸のコツ」等の情報を見るたびに、「ん?」という思いが出て来ます。腹式呼吸について、突っ込んで突っ込んで考えてみましょう。
 管楽器の演奏に必要なのは、「瞬時に大量の空気を肺に取り入れ」、「繊細にコントロールしながら息として出す」事です。腹式呼吸をしなくても、このような「吸気と呼気」が出来れば、方法に束縛される必要は無いかもしれません。腹式呼吸に対して、胸式呼吸があります。これは、多くの人が無意識におこなっていると言われている呼吸法で、肋骨を持ち上げつつ左右に開き、胸郭(胸をとりまく骨格)を前後左右に拡大させ、これによって肺を膨らませて息を吸い込み、逆に肋骨を閉じて息を吐く、というものです。腹式呼吸はご存知のように、横隔膜を下に下げ、胸郭がそれによって上下に拡大することで外気を取り込み、息を吐くときには横隔膜を弛緩させ、胸郭を狭くすることで息を吐き出す、というものです。ヨガや瞑想系の呼吸法では、筋肉の使用部分や意識の集中法が異なる両者は、全く別の呼吸法とされています。しかしそれは、呼吸法そのものが目的であり、呼吸の過程を重要視しているからです。管楽器奏者のように、「息の出入りを思いのままにコントロールしたい」わけではないのです。そう、我々サックス奏者にとって腹式呼吸と胸式呼吸の違いは、考えようによっては「どうでも良い」のかもしれません。

 意外と忘れがちな事ですが、「横隔膜」は胃より上にあります。みぞおちのあたり、一番下の肋骨に沿って水平に広がり、腹腔と胸腔を分けています。胴体のかなり上の、この位置を意識して力を入れてみてください。無理ですよね。筋肉無いですから。横隔膜を下げるには、腹筋と背筋に力を入れます。管楽器用の腹式呼吸で「腹筋と背筋を使いなさい」と言われるのは、息を吐くときもこの筋肉で、息の量やスピードをコントロールするからです。ここで一考です。横隔膜を下げながら、肋骨を持ち上げ、かつ左右に開いたらどうでしょう。腹式呼吸と胸式呼吸の合わせ技です。横隔膜と胸郭全体を意識しながら、ゆっくりで良いのでやってみてください。もの凄く胸郭が広がり、肺が目いっぱいに広がっている感覚がありませんか?
 サックスの呼吸法には「目的」があります。目的を達成できれば、手段にこだわる必要はあるでしょうか。いわゆる「腹式呼吸」は、「管楽器の理想的な呼吸に一番近い方法」であることは間違いありませんが、言葉に惑わされ過ぎて、目的を逸しては本末転倒です。瞬時に大量の空気を肺に取り入れ、最良のサウンドを作り出すために、繊細にコントロールされた息を吐く。そのためには、あなたの身体がどう動けばよいのかを、もう一度、いや定期的にチェックしてみたらいかがでしょうか。

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』

返品保証30日+豪華3大特典付き
⇒『AIZENより Summerキャンペーン♪ 返品保証30日+豪華3大特典付き』

レビューを書いてAIZENゲットのチャンス!⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

Written By: sax on 8月 8, 2018 No Comment

ブラスバンドやクラッシック系のサックス奏者の方々には無縁かもしれませんが、ジャズやポップス系の音楽をやってると、必ず出くわすのがバンド用語です。もの凄くアホらしいものから、音楽的なものまで、数ある音楽業界用語の中からいくつかご紹介します。ほとんどが戦後まもなくの、「スイングバンド全盛時代」からのものなので、まあ、「化石級」ですね。
 数字を「ツェー」「デエー」「イー」「エフ」という音階のドイツ読みで言う方々がいます。 「デーまんゲーせん」は、2万5千円、「イーせん通し」は、飲み会で一人3千円の割り勘ですね。同様な有名どころでは、「バンドマンの逆読み言葉」があります。「しーすー(寿司)」、「しーめ(飯)」、「るーびー(ビール)」あたりは分かりますが、「きがしゃ(楽器+車=楽器運搬車)」とか「ちーた(立ち→立奏)」なんて、初めて聞いたら意味不明な単語もあります。「あいばん(ステージで交代しながら演奏する相手バンド)」、「トラ(エキストラ→代役)」、「ぱつら(ラッパ→トランペット)」あたりは、かなりややこしいです。何となく意味は分かるが、何故そうなったか分からないバンド用語に、「はこ(ライブハウスやコンサートホール)」、「返し(ステージ用モニタースピーカー)」、「どんかま(リズムマシン)」、「インペグ屋(アーティストの録音やコンサートの伴奏、テレビ番組や映画のBGM、劇場公演のオーケストラピットでの演奏等にミュージシャンを斡旋する業者)」などがあります。

 ビッグバンド業界にも、知らない人には分からない業界用語が沢山あります。バンド用語と言うよりも、ビッグバンド用語とも呼べる音楽的な隠語です。まずは、「ソリ」。同じ種類の楽器の合奏をこう言います。サックスソリは多くのアレンジで多用されており、ペイシー楽団のIn a Mellow Toneなど、名作と呼ばれる有名なサックスソリも沢山あります。サックスソリを演奏する場合は、普通サックスセクションは立ち上がって演奏します。これが「ちーた(立奏)」ですね。管楽器全員が一緒に吹き散らす(?)のを「トュッティ」と言います。イタリア語の音楽用語で、全部という意味で、「ソロ」の対義語です。「124小節目の3拍目からの8分4個はイーブンでね」と言われたら、ここの8分音符はスイングしないで、同じ長さの普通の8分音符の長さで演奏します。「言い分」と聞き間違えないでくださいね。「じゃ、一回「べ夕」で通そうか」と言われたら、曲を始めから終わりまで通すのですが、全てのリピートを省略して演奏します。本番前の音合わせ等で、時間や体力を節約する演奏です。「コーダ・コーダ」なんていう、コーダマークが出たらすぐにエンディングコーダに飛ぶ、中抜き演奏もあります。「ここは場ソロで」と言われたら、センターマイクへ出ずに、自分の場所でソロを取ります。こんな業界用語、知らなかったら分からないですよね。ま、知らなくても問題ないと思いますが。

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』

返品保証30日+豪華3大特典付き
⇒『AIZENより Summerキャンペーン♪ 返品保証30日+豪華3大特典付き』

レビューを書いてAIZENゲットのチャンス!⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

Written By: sax on 8月 1, 2018 No Comment

中級クラスのサックス奏者の方ですら、いまひとつはっきりとした指針を持っていないのが、「いつ、リードを捨てるか」です。天然ケーン(アシ)のリードは消耗品です。必ずいつかは寿命が来ます。死んだりードをマウスピースに付けて本番のステージに…なんて、考えただけでも恐ろしい状況です。A型のおうし座の私の場合の、女性…いや、リードとの別れ方をお話ししますので、少しでもご参考になれば幸いです。
 リードの寿命は?と聞かれたら、1週間のモノもあれば6か月のモノもある、と答えます。実際に恐ろしく長寿なリードは存在しますし、感覚的には使用リードの30%ほどは「長寿」な感じです。ただしこれも、「ローテーション」あっての話しです。そう、特定のリードを1枚だけ、ずっと使い続けるというサックス奏者はまずいません。4から6枚程度の複数のリードを使い回すのが、一般的なリードの使用法でしょう。ローテーションメンバーのなかで「ダメ」になったリードは廃棄し、その代わりに新しいリードを補給する。その繰り返しで、常に「良いリードを確保しておく」のが一般的なリード管理です。

 さて、どんなに風になったリードが、廃棄すべき「死んだリード」でしょうか。私の場合はまず「年齢」を考慮します。仕込みを終えて、そのリードを実戦投入したした日付、そして鳴りのレベル(三ツ星:激鳴り、二つ星:普通、一つ星:様子見)をリード1枚毎に記入しています。「3/6…」と書いてあったら、3月6日に使い始めた、とても良く鳴るリードです。そのリードを吹いていて、「ん?4か月?寿命だな」、として廃棄します。吹いていて、そのリードが寿命ではないかと感じる、「ん?」のポイントはどこかというと、「息の変化にリードの反応が付いて来ない」、「大きい音が出せない」、「小さな音が安定しない」、「リードミスが頻繁に出る」、「音が曇って来た」、等々です。吹奏感や出てくるサウンドに加え。「先端を押すと、リード振動部全体がしならずに、先端だけがクネッと曲がる」、「リードの先端が不規則にうねっている」、「リードが平たくなく、ねじれている」、等の物理的な状態も「ダメ基準」となります。
 ダメになり始めたリードにきっぱりと別れを告げられるのは、自分のサウンドをシビアに管理しているプロのサックス奏者達です。優柔不断で貧乏な、我々アマチュアサックス奏者達は、未練たらたらと判断を延ばし、どうしようもない状態までリードを使い続ける事がほとんどでしょう。しかし瀕死のリードを使って練習をしても、何ひとつ良いことはありません。アンブシャにも不自然さが出てきますし、奏法にも無理な力が入るでしょう。「ん?」と感じて、「ダメかな」と思ったら、潔くそのリードの先端を指で割りましょう。「今までありがとう。さようなら」と心の中で呟きながら…。ダメになったリードの使い道?そんなものは有りません。ただの燃えるゴミです。

——————————————————————————————–

『イー楽器のお得情報』

返品保証30日+豪華3大特典付き
⇒『AIZENより Summerキャンペーン♪ 返品保証30日+豪華3大特典付き』

レビューを書いてAIZENゲットのチャンス!⇒『AIZENお客様の声キャンペーン!』

  Copyright ©2009 サックスお悩み相談室, All rights reserved.| Powered by WordPress| Simple Indy theme by India Fascinates